ま〜さんの日常

握力が弱くなってきた~トレーニングはほとんど握らずできる~

最近、トレーニングをしていて握力が弱くなったなーとよく思います。

身体に負担が少なく効率的な動かし方を追求していると、

「強く握る」

ということがなくなってきます。

ベンチプレスやスクワットでは、バーベルを「乗せて」いるだけなので、バーベルを握ることはないし

アームカールをするときも握りません。

懸垂では、指をフック状にしてバーに引っ掛けているだけです。

つまり、バーに指を通して体重を乗せているだけなのです。

「握る」必要性をほとんど感じないので、握る機会がほとんどないのです。

そんな中で、比較的強く握らざるを得ない種目があります。

それが、デッドリフトです。

デッドリフトも、極論をいえば、フック状にした指にバーベルを乗せるだけでいいので、握らなくても大丈夫です。

ただ、体重をはるかに超えた重さを挙げる場合は、フックにしているだけでは指が耐えられません。

なので、フックが崩れないように、親指で押えます。

指で輪っかを作るような状態です。

ここまで頑なに強く握らないのには、理由があります。

握ると背中の力が入りにくくなるのです。

それ以上に、おそらく普段しないからか、強く握ることに違和感を感じてしまうのです。

なので、デッドリフトでは、ある程度からは、パワーグリップに頼っています。

デッドリフトにおいては、バーベルを手で保持しきれないのに無理に挙上しようとすると、腰を痛める危険性が高いです。

あなたも、デッドリフトをしていて、競技のルールやこだわりがなければ、握力の足りなさを感じたときに早めにグリップを付けることをお勧めします。

今日は、本当は別の記事を書いていたんですが、思った以上に力作になって時間がかかってしまい、急遽日記のような記事でお茶を濁すことにしました。

4月2日から、毎日ブログを更新できているので、毎日1記事更新をキープするためなので、許してください。

これからも、お役に立つ記事を書いていくので、期待していてくださいね。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す