中医学による経穴・経絡と解剖学とのつながりを探していたところ、「関連痛」というものの存在を知りました。

この関連痛についてもっと知りたいと思い、ネットでいろいろ探し回っていて出会ったのが「クリニカルマッサージ」でした。

この本はその「クリニカルマッサージ」とはどんなものか見てみようと思って買いました。

軽くページをめくってみたところ、僕が求めていたものと違っていたため、精読はしていません。

総論の部分で、他の方法を否定していたりするものの、根拠が記載されていなかったり(「○○は説得的だ」みたいな記述で終わっていたり)で、いまいち説得力にかけました。

今の僕には必要ではないと思いましたが、筋膜からのアプローチは興味ありますし、時間があれば読み返したいですね。

改訂版 クリニカルマッサージ―ひと目でわかる筋解剖学と触診・治療の基本テクニック (DVD付)

新品価格
¥6,696から
(2014/11/29 02:11時点)



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket