この本は確か、「哲学」をキーワードに探していたときに発見した本です。

僕は結構精神的に弱いからなのか、定期的に「今自分はなにをやってるんだろう、やっていることに意味はあるのか?生きるとはなんなのか、、、」みたいな終わりのない自己問答をやってしまいます(笑)

そのときに、哲学について学んだら、ばっちり解決はしなくても、多少気が楽になるかもしれないと思って探していました。

哲学の本を探していたはずなのに、この本のタイトルに惹かれてしまい、買ってしまいました。

読んでみると、タイトルは「思考」となっているのですが、世の中にはコントロールできない偶然が大きく影響しているとの内容を読んで、これは、哲学にも通じているなと思いました。

「偶然が大きな影響力を持っているなら、仕方ない、ぼちぼち頑張るか」と気持ちが楽になりました。

ただ、この本の趣旨としては、そんな人生に変なあきらめをつけさせるものではなく、コントロールできない偶然に対して、どう対処していくのか、どのように考えていくべきなのかを、日本の歴史や、株式市場、科学などとリンクさせながら、わかりやすく解説しています。

読むのが面倒という人は、本の巻末のほうのエピローグを読んでもらうと、著者が言いたいことが数ページでまとめられています。ほぼ1冊かけて書いていることを、この上ないくらい綺麗にまとめられています(笑)

人生うまくいかないと悩んでいる人はぜひ読んでほしいです!

確率論的思考

新品価格
¥1,300から
(2015/5/7 20:36時点)

 

確率論的思考 金融市場のプロが教える最後に勝つための哲学



オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket