タイトルは「究極のトレーニング」としながらも、トレーニングに限らず、トレーニングからは離れた筋肉についても多く語られている本です。

前半は筋肉とトレーニングについて、またその関係性について、図を用いてわかりやすく書かれていました。

ただ、後半になればなるほど、トレーニングの話からは離れ、どういう栄養をとれば筋肉にいい影響を与えれるか、さらに、筋肥大に関係する物質はなにかというような話が多くなっていきました。

トレーニングの話はまだ実感できる部分もあり、とっつきやすかったですが、後半になると、ホルモンやタンパク質や遺伝子の話になっていき、実感しにくいため、とっつきにくかったです。

ただ、身体に関する目に見えない部分のいろんな分野の話が簡潔にまとめられているので、理解できる人にとっては便利な書籍であると実感できるのではないでしょうか?

後半は、「~という物質がある→こういう実験がなされた→…ということから~は、、、という性質がある」みたいな話の連続だったので、まるで難しめの理科の教科書を読んでいるようでした。実験の詳細をもう少し本文中に書いてもらったほうがいいかなと思いました。読むには読みやすいのですが、実験の詳細がわからないと、その実験の結果が結論として適切かどうか判断がしづらいからです。

さらに、専門用語らしき単語がなんの説明もなしに使われたりする場合があり、理解を困難にする部分がありました。ある程度勉強してきた人向けなのでしょうかね。

最近の身体またその能力についての科学を知りたい人にはお勧めです。

究極のトレーニング 最新スポーツ生理学と効率的カラダづくり

新品価格
¥1,728から
(2014/11/29 02:25時点)



出張パーソナルセッション

大阪府にて、楽に身体を動かせるようになるための出張パーソナルセッションも承ってます!ジムには通えないという人でも、人ひとりが寝られるスペースがあれば運動できます。トレーニングに必要な道具や整体ベッドは持参します。動きたくないという人には、整体のみのコースもご用意しています。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket