身体について

肩こりの多くは無自覚〜認識することで感じるようになる〜

あなたは肩こりを感じたことはありますか?

現代社会は、パソコン等のデスクワークや携帯の操作のような同じ姿勢をとりやすい、また、ストレスによる緊張など、肩こりを起こしやすい環境にあります。

そんな環境に私たちはいるので、誰もが多かれ少なかれ肩こりを持っているでしょう。

 

ただ、肩こりを感じる人もいれば、感じない人がいます。

どこかで聞いただけの噂程度の話ですが、外国人は肩こりを感じない人が多いそうです。

 

ただ、私の経験上、肩こりを感じない人であっても、いや、肩こりを感じない人のほうがガチガチに肩が凝っていることが多かったです。

では、肩こりがあるのに感じないのはなぜなのでしょうか?

1番大きな理由として考えられるのが、その状態がその人にとっての普通になってしまっているからです。

 

感覚は、同じ刺激が継続的に起こると、その刺激に対しては反応しにくくなります。

とくに、よくわかるのが、五感のうちの嗅覚です。

たとえば、家の匂いとかがわかりやすいですかね。自分の家は外とそんなに匂いが違わないのに、人の家に入ると、外と違う匂いがするみたいな。これは、自分の家の匂いに対しては、鈍感になるように脳がセットされているからです。

これと同じことが、肩こりでも起こっていると考えられます。長年に渡って肩が凝りすぎて、肩こりに対する感覚が鈍くなっているということです。肩こりの自覚がない人ほど重症化しているかもしれません。

 

次に考えられるのが、肩こりの感覚がどのようなものか認識していないことです。肩こりになると、たとえば、肩が重く感じられたり、頭痛がしたり、ひどいと吐き気まで催すような状態になります。

頭痛だけを認識していた場合、痛いのは頭なので、肩こりでないと思うのは当然といえば当然です。

現在では、肩こりから頭痛が起こるという情報が溢れているので、知識として持っていれば、肩こりと頭痛がリンクし、肩こりと認識しやすいでしょう。

3つ目に考えられるのが、認識する対象がないということです。関心がないともいえますが。。。

人間は物事に名前をつけて認識しようとします。外国人が肩こりを感じないのは、これに相当するのかなと思います。

なぜなら、外国人には「肩こり」に相当する言葉がないそうです。

ほんとうですかね~。

 

私も外国の方にセッションを行うことがありますが、肩こりを感じていらっしゃいました。日本に来て「肩こり」という言葉を知り、それによって認識しているからだと思われます。

3つほど、肩こりを感じない理由をあげましたが、あなたが実際に肩こりを感じていなくも、肩こりがあると思っていたほうがいいと思います。環境上避けられないと思うので。

そもそも、人間が二足で立っている限り、肩の筋肉には頭や腕を支えるために負担がかかり続けるので、対策していない限り全ての人間に肩こりがあるといっても過言ではないです。

感じないのはある意味幸せかもしれませんね。

 

肩こりの簡単な予防・改善法としては、30分から1時間に一度、首や肩を回すようにしてあげてください。これをやるとやらないとでは全然変わってきます。

また、肩こっていると、背中のトレーニングのときに背中の筋肉が使いにくいので、トレーニング前によくストレッチしましょう。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す