先日、仰向けになって脚を動かしているのに、首に力が、入っている感覚があるお客様がいました。

脚を動かすためには、脚の土台である体幹部が安定する必要があります。

このお客様は、体幹部を安定させようと力むと首に力が入ってしまうのです。

これは、脚に限ったことでなく、なにをするにしても首に力が入ってしまうのです。

そのため、普段から首の痛みに悩まされていました。

このような状態で

「首の力を抜いて」

と言っても、自分の意思では力は抜けません。

ある場所の力を抜くためには、別の場所に力を入れる必要があります。

そこで、脚をあげる際に、両腕で床を押し、さらにあげる方と反対の脚で床を踏ん張ってもらうと、首の力みが小さくなりました。

身体を安定させる力も、適切なところに入っていないと、痛みにつながってしまいます。

どこに力を入れるべきかという知識は大切ですね。



オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket