トレーニングを行うベストタイミングはいつなんでしょうか?

筋トレは夜にやったほうがいいと言われることがあります。これは、トレーニング直後に筋肉の合成を促す成長ホルモンが出るのと、もともと、就寝後1~3時間後に成長ホルモンの分泌がさかんになるので、この相乗効果を期待したものです。しかし、このタイミングにはデメリットがあります。

実は、1日の中でトレーニングのベストタイミングは、16時前後とされています。これには、自律神経の働きが深くかかわっています。

人間の身体は、自律神経によって支配されています。自律神経には、興奮時や運動時にメインで働く交感神経と、安静時や睡眠時にメインで働く副交感神経があります。交感神経と副交感神経は、人間の意志とはほぼ無関係に真逆の命令を各器官・組織に発して、身体をコントロールしています。寝ているときに心臓が止まったり、息が止まったりして死なないのも、自律神経が働いてくれているおかげなのです。

自律神経は一方が働けば、他方の働きは低下するという上下動のリズムを繰り返します。交感神経が働いているときには、心拍数は高く、血流量は増え、身体の貯蔵エネルギーを分解し、運動に適する時間となります。逆に副交感神経が働いているときは、内臓の働きが活発になり、消化吸収、身体の合成が促進されており、運動には不向きな時間となります。

なので、トレーニングをするには、交感神経が最も活発になっている時間がベストなのです。それが16時前後です。

自律神経のどちらが優位に働いているかを知る目安としては体温がわかりやすいです。体温が高いときは交感神経が優位で、低いときは副交感神経が優位となります。先に挙げた16時前後は、もっとも体温が高くなります。

ただ、16時前後というのは忙しい人が多いと思うので、副交感神経が優位になっている寝起きすぐと寝る直前を避ければ、トレーニングを行うタイミングとしては問題ないと思います。



オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket