中国伝統医学(中医学)

西洋医学と東洋医学

あなたは西洋医学と東洋医学についてどのようなイメージを抱いていますか?

西洋医学は科学的で説得力の高いイメージ、東洋医学は根拠が弱く説得力が低いイメージでしょうか?それとも全く違うイメージですか?

僕は東洋医学について学びはじめるまで、仙人みたいな人が、ゴマスリみたいな鉢の中で薬を調合するようなイメージ持ってました(笑)

「医学的」なんていうと基本的に西洋医学のことを指すし、実験などによってその理論を根拠づけられているので、西洋医学が正しいとされているんでしょう。

ただ、最近では、東洋医学の理論、例えば経穴や漢方が医学的に有効だと見直されてきたり、逆に、医学的に正しいとされてきた常識が間違っていたなんて話をよく聞いたりします。

熱心な医者の人でも東洋医学に興味を持って学んでいる人もいるみたいですしね。

さらに、中医学での経穴(ツボ)はWHO(世界保健機構)も認めているものです。

まあ昨今のコロナウイルスに対しての立ち回りから、現在(2020年2月16日に追記しました)のWHOの体制が政治的、金銭的な問題で態度を変える可能性をあらわにしてしまいましたね。

もしかしたら、経穴についても、なんらかの影響力がもしかしたら働いているのかもしれません。

では、なぜ同じ医学なのにこのような違いが生まれるのでしょうか?

もちろん、どちらも目指すところは同じで、「健康になるには」、「健康であるためには」どうすればいいのかを追究する学問です。

ただ、その求め方、考え方に違いがあります。

西洋医学は、仮説と検証を繰り返すことによって、理論を掘り下げる医学であるのに対し、東洋医学は身体のある部分を押すと、内臓の働きがよくなるという個々の事例から、共通する部分を理論として導き出し構成しています。

だから、病院では~科という風にどんどん分化してカテゴリ分けされているのに対し、東洋医学にそのようなカテゴリ分けはありません。

ちなみに、医者が自分の専門外のことについてはさっぱりわからないというのも結構あったりするのです。

国家資格という笠におごって勉強しない人もいるらしいですからね。

さて、東洋医学は医学的根拠が弱いといわれることが多いのですが、ある意味膨大な実験(意図せぬ経験も含む)の中から、共通して得られた結果をうまくつながるように理論にしているので、十分に根拠があるように思われます。

西洋医学的な手順を踏んではいないかもしれませんが。

以上から、西洋医学と東洋医学の違いは、考え方の違いなのです。

西洋医学が具体化していく医学であるのに対し、東洋医学は抽象化していく医学なのです。

なので、西洋医学と東洋医学は水と油のような関係ではなく、相容れることのできる学問なのです。

東洋医学は僕が今後勉強していきたい分野の1つです。

理解が進んだら、ブログの記事にもしていこうと思います。

本質的な姿勢改善をするなら考え方から見直しましょう

記事を読んでいただいてありがとうございます。

僕は【身体と心を「楽」にして人生をより快適する】
ということをテーマに情報発信しています。

姿勢は、生まれてから死ぬまで365日24時間
ずっと関わることになるものです。

なので、その積み重ねの影響力は大きいものです。

姿勢次第で自分の身体に枷をかけ
身体の動きを抑え込んでしまったり
身体を痛めてしまうことがあれば、

意識せず自分自身を抑え込んでいる
枷から自分を解放し

身体を軽やかに痛みなく
思い通りに動かせることになります。

身体と心はつながっていて
不可分な関係なので、

身体の調子が悪ければ
心も当然暗くふさぎ込んで
しまうことになるし、

調子が良ければ明るく
前向きになってきます。

つまり、姿勢を改善することは、
最も簡単で確実な自己改善法なのです。

しかし、姿勢について学ぶ機会はほぼなく、
「なんとなくこうだろう」という
常識で固められてしまっています。

そのため、姿勢を良くしようと
努力しているにもかかわらず

姿勢が一向に良くならないという
状態になってしまっていることを
よく聞きます。

根本から姿勢改善するためには、
この常識から抜け出さなくては
なりません。

姿勢改善に必要なのは
「背筋を伸ばすこと」でも
「胸を張ること」でも
「筋肉をつけること」でも
「意識すること」でも
ありません。

本当に必要なのは
「姿勢の本質を理解すること」です。

そこで、僕は根本的な姿勢改善できる人
が少しでも増えるように、

姿勢の本質から理解を深め改善する方法を
電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れていて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を受け取って読んでみる

メールアドレスを入力すれば
すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、
さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」
も無料でお送りしています。

書籍と合わせて読んでもらうことで、
姿勢の常識から抜け出し、

姿勢の本質への理解を一気に
深めてもらうことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

電子書籍とメールセミナーを読んでみる

もし、この記事が役に立ったと思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェア
していただけるとすごく嬉しいです。

コメントを残す