ま〜さんの日常

親知らず4本を抜くよう勧められる~予防とは長期的目線~

先日、歯医者に行ってきました。

前回行ってから時間が経っていたのと、歯茎が腫れて違和感があったからです。

普段体調を崩すことが多いわけではないので、病院って行く機会少ないし苦手なんですよね。

歯医者での処置は、比較的すぐに終わりました。

ただ、処置が終わって診察室から出るときに、歯医者さんから、

「生えている親知らず4本抜いたほうがいいよ」

と、あっけらかんと言われてしまったのです。

念のために親知らずとは、 最もおそく生える奥歯で上下・左右に四本あります。

それまで自分では、親知らずは綺麗に生えてきてくれていると思っていました。

しかし、4本とも良い状態とはいえないそうです。

レントゲンを見せてもらうと、上の歯はわかりにくいですが、下の歯はしっかり横を向いて生えていました。

後で調べてわかったことなんですが、上の親知らずは比較的他の歯と揃って生えやすくて、下の歯は横に倒れて生えやすいそうです。

下の葉は自分のイメージと違いすぎてびっくりしました。

自分が親知らずと思っていた部分は、実は奥歯の端っこ部分でした(笑)

下の親知らずは頭を出しておりませんでした。

僕がなぜ、親知らずが綺麗に生えているかと思っていたかというと、舌でなぞった感触で、揃っているかなと感じていたことと、痛みや違和感を感じていなかったことです。

しかし、親知らずって痛みが出ていると結構深刻な状態らしいですね。

痛みが出ていないうちにこそ抜くべきだそうです。

以前の自分だったら、「痛くないからいいや」と放置してしまうところですが、事が起こる前に対処することが重要であることを仕事柄、重々承知させられてしまっているので、ほおっておくわけにはいきません。

それに、歯は毎日使う大切なものですしね。

正直、血を見るのや痛いのは嫌いです。

どのくらい嫌かというと、昔、若気の至りで周りがピアス開けているのを真似して開けてみようかなと思っていたことがあります。

そこで、テーブルの上に転がっている母親のイヤリングを試しに耳にしてみたところ、つけ方がおかしかったのかもしれませんが、痛すぎて、ピアスを開けるのを断念したことがあるくらいです。

それでも、親知らず4本は今年中に抜こうと思います。

このように、予防って長期的視点がないと取り組めないことなんですよね。

例えば、膝の痛みだって、直接傷害されたわけでなければ、日々の身体の使い方の積み重ねで負担が大きくなって痛みが生じるはずなんです。

足だって毎日使うものなんですからね。

膝が痛くなっても、なお、「膝が悪くなった」くらいの認識しかない人も多くいます。

膝が悪くなったのは結果であって、原因ではないのです。

姿勢や身体の使い方って、親知らず以上にあいまいで、わかりにくいものです。

でも、確実に身体に大きな影響を与えます。

もし、あなたに何事もなければ、今のうちからぜひ姿勢と身体の使い方については、関心を持ち、将来の身体のトラブルについて予防しようとする長期的目線を持ってほしいなと思います。

といっても、いきなり激しい運動をはじめる必要はありません。

まずは、知ることからでいいのです。

姿勢や身体の使い方については、本サイトのブログでも十分知ることができます。

ぜひ、予防の第一歩として読んでみてください。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す