身体について

解剖学でよく見る漢字

解剖学を勉強する中では、あまり見かけない漢字が出てきたり、見知っていても普段と違うような使われ方をすることがあります。

これがわかっていないと、解剖学が正しく理解できません。

そこで、解剖学でよく見る漢字をいくつか挙げました。

その意味がわかっていると、名前を聞いただけで、おおまかな形が想像できたりします。

・体(たい)…骨または器官における中央付近の主要部分。
・頭(とう)…骨などの端の丸く大きくなった部分。頭の小さいものは「小頭」という。
・頚(けい)…他よりくびれて細くなっているところ。
・尖(せん)…器官の尖端(先端)部。
・底(てい)…器官の下面に近い広い部分。
・面(めん)…器官の表面。
・縁(えん)…2つの面が交わる線。
・壁(へき)…空洞を囲む線。
・葉(よう)…器官を大きく区分したときの各部
・門(もん)…表面の一部で脈管、神経などが出入りするところ。
・突起(とっき)…骨あるいは内臓などで表面から突き出している部分。
・顆(か)…先端の丸みをおびた(肥厚している)突起部
・結節(けっせつ)…周囲から比較的はっきりと区分された肥厚部。
・隆起(りゅうき)…骨の小さい突出部。
・粗面(そめん)…骨のザラザラした面で、通常は筋肉が付着する。
・棘(きょく)…バラのとげのような小さい突出部。
・稜(りょう)…山の斜面のように比較的長く伸びた隆起。
・乳頭(にゅうとう)…乳首状の突出部で、軟部組織に用いられることが多い。
・窩(か)…表面から陥凹している(へこんでいる)場所。
・切痕(せっこん)…骨または器官の刀でえぐったような部分。
・裂(れつ)…裂け目のような狭い隙間。
・溝(こう)…細長い陥凹部。溝状になった部分。
・孔(こう)…穴。骨にも軟部組織にも使われる。
・管(かん)…孔の長くなったもので、骨にも軟部組織にも用いられる。
・道(どう)…管の太いもの、または周囲から多少隔てられた通路。
・洞(どう)…広い空洞の意味。
・腔(くう)…体内にある空間または室。
・前庭(ぜんてい)…玄関の意味で、腔室の手前にある室。
・線(せん)…線状になっている部分で、骨にも軟部組織にもみられる。
・弓(きゅう)…弓の形のように曲がっている部分。
・輪(りん)…輪のようになった部分で、いろいろなものに用いられる。
・角(かく)…角になった部分、または2つの線が交差した部分。
・枝(し)…枝分かれした部分。普通、脈管、神経などに用いる。
・叢(そう)…多くの線状のものが交錯した部分。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す