食事・栄養

関節痛にサプリは効くのか?〜グルコサミン・コンドロイチン・コラーゲンなどについて〜

関節痛に効く成分として有名なものに、グルコサミン・コンドロイチン・コラーゲンをはじめとして様々なものがあります。

 

テレビでも愉快な歌とともに、それらの成分が入ったサプリのCMが流れてくるのをよく見かけます。

 

結構気になっている人も多いのではないでしょうか?

 

どういう成分なのか?

 

本当に効果があるのか?

 

今回は、これらの成分について調べてみたことと、僕の考えについて書いていきます。

サプリについて

ちょっと探してみると、僕が思っていた以上に、関節に効果があるといわれている成分ってあるんですね。

ヒアルロン酸もよく聞きますね。キューピーが出してます。

プロテオグリカンは初めて聞きました。特許を取得した成分とうたわれますね。

 

遺伝子やミトコンドリアに着目しているらしいです。

皇潤はCMでも聞いたことがあります。非変性2型コラーゲンが入っているそうです。

プロテオグリカン

まずは、僕が1番聞き馴染みのないプロテオグリカンから書いていきます。

プロテオグリカンとは何か?

実は、プロテオグリカンの「プロテオ」はトレーニーはみんな大好きプロテイン、タンパク質のことです。

そして、「グリカン」は、単糖分子が複数個結合した糖、つまり多糖類を意味します。

プロテオグリカンとは、特殊な構造をもつ糖とタンパク質の複合体で、複合糖質の一種です。

プロテオグリカンは、動物の皮膚や軟骨にたくさん存在しています。

そして、プロテオグリカンは、保水性に優れているため、皮膚では、潤いを与える役割があり、軟骨では緩衝作用により関節の動きを助けるとされています。

プロテオグリカンは、近年さまざまな効果があると報告されているそうです。

その効果というのが、細胞増殖促進や、ヒアルロン酸・コラーゲン生成促進による美肌効果、変形性関節症の症状を緩和する効果、炎症を抑制する効果、肥満や糖尿病の予防および改善効果などがあるのだそうです。

サプリだけでなく、化粧品や医薬品としても使われているようですね。

飲むもあり、塗るもありなようです。

副作用も特に報告されていないとのことです。

コンドロイチン

プロテオグリカンのところで、特殊な構造をもつ糖とタンパク質の複合体という話をしましたが、もっと言えば、動物特有の成分であるグリコサミノグリカン(多糖類)とコアタンパク質が一定の様式で結合したものを言います。

このグリコサミノグリカンの仲間がコンドロイチンなのです。

つまり、プロテオグリカンの一部がコンドロイチンなのですね。

コンドロイチンは、ジェル状で、細胞と細胞を結びつける性質(身体組織や皮膚組織の維持)があり、保湿力に優れているのが特徴です。

軟骨に存在し、それ以外には皮膚、粘膜、臓器にも分布しています。

コンドロイチンは、軟骨に水分や栄養を運ぶ役割をしていて、軟骨の弾力をアップさせて、関節の動きをなめらかにするとされています。

グルコサミン

グルコサミンは、CMで、「グルグルグルグルグルコサミン」と歌われていた成分ですね。

印象的だったのか、頭に残ってしまっています。

グルコサミンは、体のエネルギー源となる「ブドウ糖」と、たんぱく質を構成する「アミノ酸」が結びついてできたものです。

特に軟骨に多く分布しており、その他にも靭帯、皮膚、爪、などに存在しています。

このあたりは、先に説明した2つと共通する部分が多いですね。

機能も似ていて、グルコサミンは軟骨をつくり出す元となる物質です。

実は、グルコサミンは、この軟骨を構成している「プロテオグリカン」の原料となります。

コンドロイチンに続き、グルコサミンもプロテオグリカンの原料なのです。

コラーゲン

コラーゲンは、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質の一種です。

ヒトの体内に存在しているコラーゲンの総量は、全タンパク質の約30%を占めるといわれています。

体内のコラーゲンが加齢と共に変質し、生成量も減ってしまうので、それを補うために外部から補給するという考え方からサプリメントが存在するようです。

しかし、コラーゲンも経口摂取であれば、当然そのままの形で消化吸収されるわけではなく、アミノ酸などに分解されて吸収されます。

すると、コラーゲン飲んでもちゃんと使われないのではないかという疑問が生じます。

ただ、皇潤でいわれていた、非変性2型コラーゲンは、部分的に分解されるものの、ある程度の大きさのコラーゲン分子のまま腸管に届くという特異性があるとされています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸もグリコサミノグリカンの一種です。

つまり、今回調べた、プロテオグリカン、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸はいわば親戚同士みたいなものです。

そして、コラーゲンも合わせて、以上の成分は、軟骨の形成にかかわっているから、サプリとして摂取することで、関節痛に効果があるとされているのです。

以上の成分に効果があるのか?

もちろん、この記事で説明したものは、身体を構成する物質なので、関節の痛いところに向かい、その役割を果たすことができれば、効果があると言えます。

ただ、グルコサミンやコンドロイチンの研究発表をみると、効果があるものとないものの両方が発表されているようです。

関節痛を起こしているところにピンポイントで働くようにコントロールできない以上、サプリには、軟骨を構成し、スムーズに動かすための栄養補給の意味合い程度にしかならないと考えられます。

たとえ、効果あったとしても、関節痛のおこる原因を減らさないと、根本的な解決にはならない気がします。

関節は、確かに年齢と共に摩耗していくものですが、少しでも早いうちから負担を軽減する予防策を講じて起き、できるだけ摩耗速度を遅らせておくことが重要であると思います。

お客様の中でも、膝が痛いお客様は、セッションを重ねる中で膝の痛みの軽減を実感しています。

つまり、軟骨の摩耗だけが、関節痛の原因ではないのです。

姿勢や、身体の使い方次第で、痛みは軽減できます。

サプリは飲むだけなので楽ですが、本当に良くしたいならば、もっと物理的な努力もした方がいいと思います。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す