トレーニングをはじめた初期のころのほうは、挙上重量もトレーニングをするたびに増え、自分の成長を実感しやすいので、おもしろく感じられると思います。

ちなみに、このように少しずつ自分が前に進んでいることを実感(目標が実現)できると、脳内物質ドーパミンが分泌され、幸せを感じるそうです。

だから、ロールプレイングゲームのように、レベルアップしながら進行するものにハマってしまう人がいるんです。

ところがトレーニングの場合は、ある程度期間が過ぎると、どんな人でも成長に停滞を感じてきてしまいます。

生物はできるだけ変化しないように設定されているからです。

レベルアップを感じられなくなると、途端にやる気を失ってしまいやすいです。

そんなときに、ただただそれまでと同じようにトレーニングをやっていても、変化は大きく表れないでしょう。

頑張っても、ただただしんどいだけです。

ここで、色々方法を変えてみて、どうすれば自分の目指す成長を得られるか、試行錯誤することが正しい頑張りの方向性です。

この試行錯誤におもしろさを見出せるかどうかが、トレーニングをおもしろいと思えるかどうかの分岐点になると思います。

もし、今、自分がうまくいっていないと感じたら、いろいろ変化をつけてみましょう!

もし、毎日のようにトレーニングをしていたのなら、思い切って少し休んで見るのもひとつの変化ですよ。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket