よく「骨盤の歪み」と言った言い方を耳にしますが、これは、骨自体が歪んでいるわけではありません。結構このあたりを勘違いしている人は少なくないようです。

骨自体が変形しているんであれば、基本的に治すためには手術が必要だったり、二度ともとに戻らない場合も多いです。
では、「骨盤の歪み」とはいったいどういう状態でしょうか?

骨盤には、腹筋、背筋、臀筋をはじめとする下半身の筋肉など、多数の筋肉が付着しています。
この筋肉のバランスが悪い、どこかが強すぎたり弱すぎたりすると、骨盤が正常な位置からずれたり、向きが変わってしまったり、いわゆる「骨盤の歪み」がある状態になります。

骨盤位置がずれると、多くの筋肉が付着しているため、身体全体に歪みを生じさせる原因にもなってしまいます。

ほかにも関連するものとして、「肩甲骨が固い」という言い方も聞きますね。

肩甲骨は骨なんだから固いのは当たり前です。

これは、肩甲骨周りの筋肉が固くなって肩甲骨の動きがよくない状態を指しています。

だからこそ、ストレッチなどで筋肉を柔らかくしてあることは重要です。誤解せず理解したいものですね。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket