この本は100円のコーラを1000円で売る方法の続編です。ちなみに、タイトルとなっている方法については、前作にしか書かれておらず、本作では直接かかわってきません。

物語は、前作で主人公の企画した商品が売れてからの話になります。本作のテーマは成功体験からの脱却だそうです。

個人ももちろんそうですが、組織となると、なおさら過去の前例にすがり、新しいことに手を出しにくい傾向にありますよね。特に日本は組織の同意(コンセンサス)を大事にするので、その傾向が顕著なようです。

そこから脱するためにはどうしていくといいのかが書かれています。

今回の話は、もちろんマーケティングを中心とした話ですが、ビジネスだけでなく、実生活にも役立つ考え方が紹介されていました。

もしかしたら、人によっては当たり前と思うこともあるかもしれませんが、この本では文章として、しかもわかりやすく短くまとめてくれている(あとがき以降で)のはありがたいことです。

読みやすい(僕自身は2時間かからず読めました)ので、手軽にマーケティング理論を学びたい人にはおすすめです!

100円のコーラを1000円で売る方法 2 ビジネス戦略がわかる10の物語

新品価格
¥1,512から
(2014/11/29 03:21時点)



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket