身体について

BMI~身長と体重だけ見た肥満度~

ダイエットをしたことある人なら、必ずと言っていいほど「ビーエムアイ」は聞いたことがあるのではないでしょうか?

細かいことは知らなくても、

「とにかく数字が大きかったら太ってそう」

そんなイメージくらいは持っているかもしれませんね。

 

今回は、このBMIについてお伝えしていきます。

BMIとは、Body Mass Indexの略で身長と体重との関係から、肥満度を表す体格指数のことをいいます。

 

計算式は

体重(kg)÷身長(m)の2乗=BMI

です。

身長がcmではないことに注意してください。

身長をcmで計算してしまうとわけわからん数字になってしまいますよ。

 

BMIは、国際的に使われている体格指数です。

WHO(世界保健機構)では、25以上を「太り気味」、30以上を肥満としていますが、日本では30を超える肥満者は非常に少ないです。

そのため、日本肥満学会では、22を標準値とし、25以上を肥満としています。

一応参考に、身長170cmの人が

BMI30だと体重は86.7kg

BMI25だと体重は72.25kg

標準のBMI22だと63.58kgです。

 

22を標準値とした理由は、22が肥満を原因とした病気にかかりにくいと考えられているからです。

ただし、「BMIが22だからやったー」と喜ぶのは、少し油断しすぎかもしれません。

 

BMIは簡単な計算式で肥満度が判定でき、集団の健康把握には役立つ指標です。

ただ、BMIは身長と体重しか考慮していないので、体重は重いが筋肉量が多いアスリートのような場合や、体重は軽いけども体脂肪量が多い「隠れ肥満」の場合などを見分けることができません。

体重だけを気にしてもしょうがないんです。

正しく肥満の判定を行うのに役立つのは、体脂肪率の測定です。

 

体脂肪率は体脂肪計で測るのですが、測る時間帯によって、体脂肪率が大きく変わってしまったりします。

これは、体内の水分量や水分の分布が測定を左右するためで、食事前後でも測定値は変わってしまいます。

体脂肪を切り取って測るわけにはいかないんで、電気抵抗などで推測していくしかないからです。

体脂肪計で図られるのはあくまで推測値なわけです。

だから、数字自体はあくまで目安として捉えるべきです。

 

体脂肪率の「変化」をなるべく正確に把握するためには、毎日同じ条件で体脂肪計に乗る必要があります。

 

経験上、乗る体脂肪計によっても体脂肪率は変化するので、数値自体をうのみにするのではなく、ある程度の期間測定を続けて、その数値の変化の具合を確認するようにしたほうがいいでしょう。

 

追伸

運動をする目的のひとつとして、よく聞くのが、ダイエットやシェイプアップというものがよく挙げられます。そして、そのような人の多くは、体重を見ては喜んだりがっかりしたりしています。

ただ、よく考えてみてください。シェイプアップした先に、あなたはどうなってたらうれしいですか?測った体重が減ったことがうれしいのですか?着られなくなってた昔の洋服が着れるのがうれしいのですか?腹筋の線が出てくるのがうれしいですか?

もし、体重を落としたいだけなら、食事をしなければいいです。一番早いし確実です。
しかし、それは、健康的な方法とは当然いえません。これは、「やせる」ではなく、「やつれる」と呼ばれる状態じゃないでしょうか?

本当に自分の理想、目標を達成したいならば、それらをよく考えた上で運動するようにしてみてください。

もちろん、体重自体の減少が目的、例えばボクサーの減量や、アスリートが身体を軽くしたい、ということであれば、体重は気にしなければならないですけどね。

自分の本当の目的・理想はどこにあるのかということを、常に考えながら行うべきですね。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す