free web hit counter
「気づいて・感じて・快適に」パーソナルトレーナー後藤真史による賢く快適に動く身体を手に入れるトレーニングClever Body Training(クレバーボディトレーニング)<身体バランス改善・姿勢改善・身体動作改善・メンタルケアカウンセリング>
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • スクワット

スクワット

スクワットでは床を踏まない〜膝のジャッキ作用

スクワットでは、バーベルを担ぐことで重心が高くなるので、どうしてもデッドリフト以上に床を踏もうとしてしまいます。 しかし、デッドリフトでもベンチプレスでもそうでしたが、床を踏もうとしたり、バーベルを押そうとしたりしてもう …

スクワットにおける腰部を痛める危険性を軽減するための意外な注意点〜負担が少ないからといって安全とは限らない〜

スクワットは、別の記事でお伝えしたように、バーベルを担いだ場合、重心が高くなってバランスが不安定になりやすいことに加え、重い負荷を身体に乗せていることになるため、特に腰を痛める危険性が高いトレーニングです。 そのため、腰 …

スクワットの勝負所はバーベルの重さを骨の積み木に積めたままにできるかどうか

スクワットのポイントとして、バーベルの重さがきちんと身体に積まれているかが、バーベルの位置を左右すること、それは、足裏の感覚で判断できることをすでにお伝えしました。 そのため、スクワットの動作中は、足裏に荷重が重く乗って …

【腰部傷害防止】スクワットで腰を痛めないために注意すべきこと

スクワットはBIG3の中で、特に腰を痛めやすいトレーニングです。 その理由は、バーベルを担ぐために重心が高いこと、バーベルを身体に乗せるトレーニングなので、どこかにバーベルを置くまで負荷が身体にかかりつづけることが挙げら …

スクワットにおけるバーベルを乗せるのに適切な位置

スクワットのバーベルを乗せる位置について考えていますか? 単純に乗せやすいところに乗せればいいわけではありません。 乗せやすいところで乗せようとしてしまうと、肩周りの柔軟性次第で乗せる位置が変わってしまうからです。 物理 …

BIG3(ベンチプレス・スクワット・デッドリフト)の共通点と相違点

BIG3は、パワーリフティングの種目にもなっていますし、人気のある種目です。 僕のトレーニングはBIG3と呼ばれるベンチプレス・スクワット・デッドリフトを中心として行っています。 ベンチプレス スクワット デッドリフト …

深くしゃがんでも耐えやすいスクワット

今までスクワットについては、 「安全で力が発揮しやすいスクワットを考える上で重要なこと」 「効率的に力を伝えられるスクワットを行う上で気をつけるべきポイント」 で、僕の考えをお伝えしてきました。 これらの記事では、直立で …

条件の優先順序を考える~スクワットの例~

真面目な人の中には、「できるだけ~したほうがいい」ということを「~しなければならない」と極端にとらえる人がいます。たぶん、わざとではなく、無意識に教えられたことをきちんと守ろうという思いの表れだとは思うのですが、そのため …

スクワットはトレーニングの基本

あなたはスクワットやっていますか? トレーニングの3大種目として、ベンチプレス、デッドリフト、スクワットとあげられます。中でも、スクワットは他のフリーウェイトレーニングの基本となる種目なのです。 というのも、ベンチプレス …

効率的に力を伝えられるスクワットを行う上で気を付けるべきポイント

『安全で力を発揮しやすいスクワットを考える上で重要なこと』において、スクワットの基本的な僕の考え方について書きました。 振り返ると、筋肉に無理な負担をかけずに安全にスクワットを行うためには、できるだけ直立に近い状態を維持 …

1 2 »

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画にてあなたのお悩みを解決に導くオンラインワンポイントパーソナルを承っています。時間・場所に縛られません。詳細は画像をクリック!

姿勢に関する本を出版しています!詳細は画像をクリック!

YouTubeで動画公開しています!

LINE@やってます!

LINE@限定の情報や特典をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマホでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!スマホのままはそのままクリック!
友だち追加

クリックで各SNSへリンク!

PAGETOP