free web hit counter
「気づいて・感じて・快適に」パーソナルトレーナー後藤真史による賢く快適に動く身体を手に入れるトレーニングClever Body Training(クレバーボディトレーニング)<身体バランス改善・姿勢改善・身体動作改善・メンタルケアカウンセリング>
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ベンチプレス

ベンチプレス

BIG3(ベンチプレス・スクワット・デッドリフト)の共通点と相違点

BIG3は、パワーリフティングの種目にもなっていますし、人気のある種目です。 僕のトレーニングはBIG3と呼ばれるベンチプレス・スクワット・デッドリフトを中心として行っています。 ベンチプレス スクワット デッドリフト …

【手順大公開】ベンチプレスは挙げる前にすでに勝負は決まっている〜おすすめフォームセット〜

ベンチプレスで挙上できる重さは、もちろん筋力の強弱の問題もありますが、身体をどう使うか、筋力発揮を最小に抑えるかという身体の使い方の問題も大きいのです。 そもそも、ベンチプレスは自分の身体をバーベルを支える台、つっかえ棒 …

【常識を疑う!】ベンチプレスはバーベルを押さない〜肘のジャッキ作用〜

ベンチプレスはついついバーベルを一生懸命押してしまいがちですよね。 しかし、バーベルを押せば押すほど、実はバーベルを挙げにくくなってしまうのです。 ベンチプレスはバーベルを押すトレーニングではありません。 ベンチプレスは …

ベンチプレスで下半身のアーチを保ちやすい足の置き方

ベンチプレスでは、できるだけ床を踏まずに行うのが理想的であるということは、以前の記事でお伝えしました。 ベンチプレスにおいて、トレーニーの身体は、台座あるいはつっかえ棒として機能することもお伝えしました。 であるならば、 …

ベンチプレスでベンチを無理やり押そうとするのは逆効果

以前、ベンチプレスはバーベルを押すトレーニングではなく、ベンチを押すトレーニングであるという記事を書きましたが、これは、意図的にベンチを押すべきという意味ではありません。 <参考> 今回は、そのことを記事にしたいと思いま …

ベンチプレスではバーベルを挙げるために床を踏もうとしない

以前の記事で、ベンチプレスでは床を踏むべきではないことをお伝えしました。 <参考> ただ、この記事はアーチに焦点をあてて書いていたので、今回は「床を踏まない」ほうに焦点を当てて書いていきます。 床を踏まないほうがいいこと …

ベンチプレスで最適な手幅の見つけ方

ベンチプレスで迷うことのひとつに、手の幅があるのではないでしょうか? 上腕三頭筋(二の腕の筋肉)を鍛えるために、クローズグリップ(狭い手幅)で行うといったように、鍛えたい部位に応じて手幅を変えるということもあるのですが、 …

ベンチプレスの鍵になる2つのアーチ~ベンチプレスでは床を踏まない~

ベンチプレスのアーチというと、背中からお尻にかけてのアーチであるとほとんどのトレーニーが考えていると思います。 しかし、実はベンチプレスにはもう一つアーチがあります。 それは、臀部から足裏にかけてのアーチです。 たまに、 …

【落下事故防止】ベンチプレスでバーベルを下ろすときに力が抜けるのを防ぐための方法

ベンチプレスは、手から前腕、上腕、肩甲骨の骨をベンチとバーベルの間につっかえさせて行うトレーニングです。 このつっかえ棒としての役割を果たしているときは、ベンチを押す力がバーベルに伝わっている(バーベルの重さがベンチに伝 …

ベンチプレスでバーベルを下ろすべき位置はアーチの高さで変わる

ベンチプレスにおいて、バーベルを下ろしてくる適切な位置は、おおよそ鎖骨からみぞおちの間になります。 このとき、下ろす位置の決め手となるのは、どの位置であれば、ベンチにバーベルの重さを「乗せる」ことができるのかです。 <参 …

1 2 »

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画にてあなたのお悩みを解決に導くオンラインワンポイントパーソナルを承っています。時間・場所に縛られません。詳細は画像をクリック!

姿勢に関する本を出版しています!詳細は画像をクリック!

YouTubeで動画公開しています!

LINE@やってます!

LINE@限定の情報や特典をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマホでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!スマホのままはそのままクリック!
友だち追加

クリックで各SNSへリンク!

PAGETOP