free web hit counter
「気づいて・感じて・快適に」パーソナルトレーナー後藤真史による賢く快適に動く身体を手に入れるトレーニングClever Body Training(クレバーボディトレーニング)<身体バランス改善・姿勢改善・身体動作改善・メンタルケアカウンセリング>

パーソナルトレーナー後藤真史による『Clever Body Training』

はじめまして、大阪の心斎橋、堺・中百舌鳥で活動しているパーソナルトレーナーの後藤真史(ごとうまさふみ)です。

「パーソナルトレーナー」なんて言葉を聞くと、重たいバーベルやダンベルによって、ムキムキを目指してガシガシと身体を鍛えるために教わる、ほかにも、短期間でより効果的なダイエットをするための方法を教わる、というイメージを持たれている方も多いと思います。

もちろん、それもパーソナルトレーナーの仕事のひとつなのですが、私自身トレーニングは継続して行い、ある程度の筋肉はありますが、特別に「身体がムキムキ」だったり、「体脂肪率が3%」という絞りきった身体をしているわけではありません。

私が得意とするのは、

身体を動かすと痛かったり、動かしにくいといった状態を、軽快に痛みなく動く状態に改善し、「楽」に、「快適」に過ごせる身体に導いていくことです

例えば、

    • ぎっくり腰が癖になっている
    • 慢性的な坐骨神経痛に悩まされている
    • 「猫背になっている」と他人から姿勢の悪さを指摘される
    • 階段の上り下りで膝が痛い、力が入らなくなるような感覚になる
    • 高いところに手を伸ばそうとすると肩が痛む
    • 頭痛がするほどの肩こりに悩まされている
    • 歩くといつもふくらはぎがパンパンに張ってしまう
    • 骨盤が歪んでいると接骨院などで指摘された
    • 股関節がつまったような感覚がある
    • 夏なのに足が冷たい
    • 荷物を持つと肘や二の腕あたりがよく痛くなる
    • 膝が曲がらなくて正座ができない
    • 寝起きに腰が痛い
    • ストレッチしているのになかなか身体が柔らかくならない
    • O脚やX脚が気になる
    • 寝つきが悪い
    • ゴルフをすると腰が痛くなる
    • 太ももがやたらと太くなる

といった身体の不調や問題は、姿勢のバランスの悪さ、ある動きをするときに使われるべき筋肉が実はあまり使われていなかったり、逆に余計な力が入りすぎてしまっていることが原因であることが多いのです。

身体がどのように使われるべきかを知り、そして、適切に使われている感覚を感じ、その感覚を繰り返し感じることによって、脳にその感覚をインプットし、自動化(日常化)することで、軽快に痛みなく動く身体に改善していきます。

適切な感覚が日常化すると、適切でない感覚を感じた時に「違和感」としてとらえることができ、痛みや不快感の予防にもなります。

詳しくは<Clever Body Trainingとは?>のページをご覧ください。

サイトメニュー

Clever Body Trainingとは?
…パーソナルトレーナー後藤がお伝えするClever Body Trainingについて説明するページです。

プロフィール
…パーソナルトレーナー後藤がどんな人間なのかについてお伝えするページです。

サービス・コンテンツ
…パーソナルトレーナー後藤があなたに提供するサービス・コンテンツについてお伝えするページです。

お問い合わせ
…パーソナルトレーナー後藤にお問い合わせいただくお問い合わせ先をお伝えしています。ご不明なことがあればお気軽にお問い合わせください。

ブログ
…ブログへのリンクです。身体や身体の使い方の役立つ知識、トレーニングのコツ、セッションにおける気づきなどについて書いています。

LINEで送る
Pocket

ブログ

スクワットでは床を踏まない〜膝のジャッキ作用

スクワットでは、バーベルを担ぐことで重心が高くなるので、どうしてもデッドリフト以上に床を踏もうとしてしまいます。 しかし、デッドリフトでもベンチプレスでもそうでしたが、床を踏もうとしたり、バーベルを押そうとしたりしてもう …

スクワットにおける腰部を痛める危険性を軽減するための意外な注意点〜負担が少ないからといって安全とは限らない〜

スクワットは、別の記事でお伝えしたように、バーベルを担いだ場合、重心が高くなってバランスが不安定になりやすいことに加え、重い負荷を身体に乗せていることになるため、特に腰を痛める危険性が高いトレーニングです。 そのため、腰 …

スクワットの勝負所はバーベルの重さを骨の積み木に積めたままにできるかどうか

スクワットのポイントとして、バーベルの重さがきちんと身体に積まれているかが、バーベルの位置を左右すること、それは、足裏の感覚で判断できることをすでにお伝えしました。 そのため、スクワットの動作中は、足裏に荷重が重く乗って …

【腰部傷害防止】スクワットで腰を痛めないために注意すべきこと

スクワットはBIG3の中で、特に腰を痛めやすいトレーニングです。 その理由は、バーベルを担ぐために重心が高いこと、バーベルを身体に乗せるトレーニングなので、どこかにバーベルを置くまで負荷が身体にかかりつづけることが挙げら …

スクワットにおけるバーベルを乗せるのに適切な位置

スクワットのバーベルを乗せる位置について考えていますか? 単純に乗せやすいところに乗せればいいわけではありません。 乗せやすいところで乗せようとしてしまうと、肩周りの柔軟性次第で乗せる位置が変わってしまうからです。 物理 …

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画にてあなたのお悩みを解決に導くオンラインワンポイントパーソナルを承っています。時間・場所に縛られません。詳細は画像をクリック!

姿勢に関する本を出版しています!詳細は画像をクリック!

YouTubeで動画公開しています!

LINE@やってます!

LINE@限定の情報や特典をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマホでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!スマホのままはそのままクリック!
友だち追加

クリックで各SNSへリンク!

PAGETOP