free web hit counter
身体の使い方・姿勢について

「乗せる」と「押す」の違い〜無駄な力を使わないために〜

本ホームページでは、「乗せる」と「押す」を使い分けています。これは、無駄な力を抜き、必要なところで力を発揮するために重要な概念です。
では、「乗せる」と「押す」の違いとは一体何でしょうか?

例えば、立っている状態で考えてみましょう。

普段何気なく立っているとき、床を「押す」なんて意識はないはずです。実は、このとき、重力によって床に向かって体重分、力が発生している状態なのです。

「押す」意識がないのは、重力によって力が発生しているからですね。

そして、この体重分の力の発生に対して、床は、立っている人に対して、重力で発生した力と同じ分だけ、反対向きの力(体重で押された力は下向きの力なので、この場合は上向き)の力が発生します。

この、押されると押し返される力のやりとりのことを、作用反作用の法則といいます。ニュートンの法則の第3法則ですね。

この法則により、力の釣り合いがとれ(力を打ち消し合い)、立って静止している状態が成り立っているのです。床は動かないので、加えられた力をそのまま返すだけになります。

この必要最低限度の力を与えている状態が「乗せる」なのです。

では、ジャンプしようとするときはどうでしょう。

このときは、しっかりと床を踏み抜こうとするはずです。つまり、床を「押し」ます。

この床を押す力が身体を浮かすのに充分加えられると、ジャンプできます。床が動かずに与えられた力を跳ね返してくれるからですね。この必要最低限以上に力を加えた状態を「押す」といいます

さらに、ジャンプするには至らないけど、体重以上の力で床を押した場合はどうなるでしょうか?

たとえば、床の上に立った状態で、床を踏みつけようとしてみてください。

どうなりましたか?

おそらく、大腿や臀部に力が入るだけで、身体は微動だにしないでしょう。トレーニングにとっては重要な部分になることもあるのですが、これは「立つ」という行為においては、無駄な力になります。

そのため、無駄な力を使わないようにするためには、「乗せる」で十分な場合と「押す」必要がある場合を、的確に使い分ける必要があります

余談ですが、ここまでは、力を加える話をしてきましたが、逆に、体重以下の力、厳密には床に与える力が「立つ」のに最低限必要な分以下になった場合はどうでしょうか?

この場合は、膝が曲がり、しゃがんでいくことになります。

しゃがんでいった状態から、床を「押す」と、再び立ち上がっていき、スクワットになります。

この記事で書いたことは、腕立て伏せなどの手をつかったものも同様です。ぜひ、頭の片隅に入れてトレーニングしてみてください。

姿勢を理解できる有料電子書籍が今だけ「無料」で読めます

姿勢は軽く見られがちですが、
24時間365日生まれてから死ぬときまで
人生全てに関わってくるものです。

それにもかかわらず、姿勢について
学ぶ機会というものは、
自ら選択しなければやってきません。

学校では教えてくれませんからね。

姿勢が良くなると間違いなく人生は良くなります。

・身体の一部に負担が集中しなくなり、肩こりや腰痛、膝痛などの予防と改善ができます。
・無駄な力が抜け、疲れにくくなります。
・自信に満ちた見た目に変わり、気持ちも変わります。
・身体の使い方が変わり、運動神経が良くなります。
・今まで使われなかった筋肉が使われ、バランスのいい引き締まった身体になります。
・子供や孫を躊躇なくだっこできるようになります。
・死ぬまで自分の足で歩くことができます。

などなど、挙げたらキリがないくらいの恩恵をもたらします。

そして、1度得た姿勢の知識は一生使えます。

例えば、食べ物だと
「食べたら痩せる」
「食べたら健康になる」
みたいな情報はテレビをはじめいろんなところで発信されています。

ただ、以前は健康に良かったとされた食べ物が、今は健康に悪いと言われていることはザラにあるんですよね。

その点、姿勢の知識は、物理法則がひっくり返らない限り、人間の身体の構造が変わらない限り不変です。

そんな姿勢の知識をまとめた書籍が
電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」です。

これは本来有料で販売しているものですが、
メールマガジンの中で、今だけ特別に無料でお届けしています。

これを読んでいただければ、どのような姿勢が良い姿勢で、何に気を付ければ良い姿勢でいられるかがわかります。

鏡で見て背筋が伸びているか確認する必要はありません。

姿勢が24時間365日関わるのと同じく、自分の姿勢を24時間365日チェックできる方法をご紹介しています。

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す