「細くする」と「引き締める」という2つの言葉、これらは、受ける立場では同じような意味にとらえがちですが、厳密には別の意味があります。

たとえば、「二の腕を細くしたい」場合、多くの人が二の腕をトレーニングすればいいと考えます。

しかし、トレーニングにより、特定の部位の筋肉が発達し、その部分が太くなることはあっても、細くなることはないです。

「細くするため」には、体脂肪を減らすほかありません。しかし、特定の部分だけ体脂肪が減るということはありえません。

運動や食事制限で体内のエネルギーが不足すると、これを補うために体脂肪を分解するホルモンが分泌されます。このホルモンは血液に運ばれ全身をめぐるので、全身すべての脂肪細胞に届きます。ホルモンの指令が届くと、すべての脂肪細胞はほぼ均等に分解され、遊離脂肪酸という形で血液中に放出されます。筋肉はこれをエネルギーとして利用するのであって、特定の部位周辺にある脂肪を直接使うわけではありません。

ただ、「二の腕を引き締める」ことはできます。二の腕がたるんでみえるのは、筋肉が減って細くなり、体脂肪がついたことによります。なので、トレーニングを行い、筋肉を太くすれば、たるみは少なくなり(体脂肪がそのまま、あるいは減った場合)引き締まります。

以上から、「細くする」とは、体脂肪を減らすことであるのに対し、「引き締める」とは筋肉を太くする(体のゆるみをなくす)ことを意味します。そして、特定の部分だけ「細くする」ことはできないのに対し、特定の部位を「引き締める」のは可能です。

余談ですが、体脂肪を減らすと、気になる部分ほど減ることがあります。それは脂肪細胞の各部位別の数に関係があります。

身体の各部位の脂肪細胞の数は遺伝的に決まっており、二の腕、腹、尻、ふくらはぎのように脂肪細胞の多い部位もあれば、頭、手の甲、膝、脛のように少ない部位もあります。個人差はありますが、このような傾向は、だいたい共通しているようです。

2個が半分になるよりも、4個が半分になった方が、さらには、10個が半分になった方が、減る割合は同じ半分でも、減る個数が多くなっています。これと同じで、全身の脂肪細胞は均等に使われますが、脂肪細胞の多い部分ほど減る部分が大きくなるので、気になる部分ほど減りやすいことがあるのです。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket