トレーニングツールのレビュー

【自己整体】【動画】ストレッチでは緩めにくいところにアプローチするアイテム〜TigerTail(タイガーテール) トリガーポイント&筋筋膜リリース・マッサージローラー スタンダードモデル(46cm)〜

良い姿勢であれば、全く疲れないと思っている人もたまにいますが、

どんなに姿勢に気をつけていても、重力がある以上、どこかの筋肉は使われているし、使われ続けていれば、身体も固くなってきます。

それをケアするために、久しぶりに買ったセルフケアグッズであるマッサージローラーが思ったよりもよかったのでご紹介します。

僕も、普段から合間を見ては、簡単に体を動かしたり、部分部分でストレッチを入れたりします。

また、週に3度くらいは、時間をかけてしっかり全身をストレッチもします。

それでも、自分の手だけで歯を磨けばどうしても磨き残しが残ってしまうように、ストレッチも伸ばし残しが出てきてしまいます。

特に、下半身に関しては、体重をうまく利用してストレッチする時に、細かい部分をコントロールしづらいんですよね。

もっと絞るなら、下半身の前側と外側。

内側と後ろ側は比較的ストレッチしやすいです。

前屈すれば、身体の後ろ側全体を伸ばせますし、少し開脚すれば、内側も伸ばす事ができます。

この伸ばし残しやすい下半身前側、外側の筋肉が固まってしまう事で、足首や膝、そして腰回りに至るまで、様々な部分に影響を及ぼしているなと自分の身体で実感します。

そんなケアしにく部分にピンポイントでアプローチするためには、道具が必要だと思いました。

家にもすで、ヨガローラー(フォームローラー?)とマッサージボールが置いてあります。

送料無料 【レビュー投稿でクーポンGET】ヨガポール ショート ヨガローラー ヨガロール ショートポール ヨガポールスマート ショートローラー ストレッチ用ポール ヨガ 体幹 ストレッチ フィットネス エクササイズ バランスポール 体幹トレーニング

価格:1,430円
(2017/10/24 23:55時点)
感想(51件)

ヨガローラーも使いやすいのですが、道具の性質上、どうしてもローラーに乗っかって体重を預けていくような使い方をしなければならず、使用場所もある程度の広さが必要になります。

また、乗せる体重調節も大変です。

乗せるのが少ないとしっかりマッサージできている感じがないし、乗せるのが多いと痛いですしね。

僕は枕がわりに使って寝転んで見たり、ふくらはぎを置いてゴロゴロ転がしてみるような使い方が多いです。

このような使い方だと、コントロールしやすいです。

MARNUR マッサージボール ストレッチボール トリガーポイント 筋膜リリース トレーニング 背中 肩こり 腰 ふくらはぎ 足裏 ツボ押しグッズ 2で1組み合わせ

新品価格
¥1,480から
(2019/6/10 16:39時点)

マッサージボールは、立ったまま足裏で転がして足裏のマッサージをするのによく使います。

今回のグッズを買う前は、これをマッサージしたい部分に当てて、コロコロ手のひらで転がしてもいいかなと思いました。

それなら体重をかける必要もないですしね。

でも、実際にやると、球状なので、転がす軌道が安定せず、無駄な動きがどうしても多くなってしまいます。

そこで、体重をかける必要がなく、手を使って動かす事ができ、軌道が安定するローラーがあればいいなと思いました。

そこで買ったのが、下のマッサージローラーです。

せっかくなので少し高めの書いました。

TigerTail(タイガーテール) トリガーポイント&筋筋膜リリース・マッサージローラー スタンダードモデル(46cm)

新品価格
¥3,740から
(2019/6/10 16:15時点)

届いて開封すると、きちんとした箱に入っておらず、大丈夫かと不安になりましたが、説明書などもついているし、使ってみて良かったので問題なしです。

使い方の例も書いてました。

このローラーの何が良かったかというと、素材の硬さです。

ローラー部分がプラスチックのものを使った事はあるんですが、形も凸凹している上に、硬いので、身体に対しての圧力が強くなり、少し圧を間違うと痛いんですよね。

このローラーは、身体に当てる部分が薄いスポンジのようなもので覆われているので、固すぎず柔らかすぎずで使い心地が良かったです。

また、凹凸もないフラットな面なので、部位を選ばす使いやすかったです。

僕は、座って使っています。

説明書のように立って使うと、どうしても脚の筋肉に力が入ってしまいますからね。

できるだけ力を抜いた状態で使いたいところです。

使いたい側の脚を前方に伸ばし、反対側の脚をあぐらのようにして座ります。

そして、前ももの上にローラーを置き、ローラーの取ってにそれぞれの手の重みをかけます。

最初は押さえつけなくていいです。

手の重みを乗せて転がしてみて、それでも物足りなければ少しづつ押さえつけていけば良いいです。

あとは掃除用のハンドローラーのごとく、前ももをくまなくコロコロします。

すると、凝っている部分は盛り上がっていたり、痛みを感じたりするので、そのようなところを念入りにコロコロします。

太ももの外側をコロコロする時は、ローラーの向きを変えるのではなく、脚の向きを変えるようにしてください。

出ないと、ローラーに手の重みをかけれないので。

ハサミで紙を切るときも、ハサミではなく紙を動かせって習いませんでした?

そんなイメージです。

脚を曲げている方に身体を傾け、伸ばしている側の脚も軽く膝を曲げて膝のさらを内側に回すようにすれば、ローラーの向きを変えなくても、脚の外側もコロコロする事ができます。

流石に、お尻の外側なんかは、ローラーの向きを変えて少し押し付けながらコロコロせざるを得ませんが。

もし希望があれば、動画を作成しても面白いかもしれませんね。

気軽に身体をセルフケアしたい人は、ぜひ試してみてください。

TigerTail(タイガーテール) トリガーポイント&筋筋膜リリース・マッサージローラー スタンダードモデル(46cm)

新品価格
¥3,740から
(2019/6/10 16:15時点)

ローラーの使い方を紹介した動画もあります。

よかったら参考にしてください。

姿勢改善は姿勢を理解することからはじまる

姿勢を良くしたいと思って意識しているけど、なかなか姿勢が良くならないって感じていませんか?


姿勢の良し悪しは見た目で判断するのが常識とされています。


よく良い姿勢の判断基準としては、


「身体を横から見たときに、耳、肩、骨盤、膝、くるぶしが一直線に揃っているか?」


とか


「壁に背中をくっつけて、ふくらはぎが壁につくか、お尻が壁につくか、腰の隙間は手がギリギリ入るくらいか、肩は壁についているか、頭は壁についているか」


みたいな基準によって評価されていることが多いと思います。


しかし、これらは、良い姿勢の結果そうなるもので、この状態を目指すというのは、実は姿勢の本質から外れてしまっています。


しかも、個人の体格の差にも影響しやすく、正確な判断ができません。


例えば、骨盤の傾き次第では、たとえ先ほど挙げられた部位が一直線に揃っていても、良い姿勢とは言い難いですし、臀部が大きければ、壁についたときに腰の隙間は空きやすくなります。


良い姿勢とは、骨で身体を支え、筋肉などの負担をできるだけ最小限で抑えた姿勢のことをいいます。


だからこそ、良い姿勢は本来「楽」なものだし、無駄な力は抜けてくるし、見た目にも無理している様子がないからこそ綺麗に映るのです。


僕自身、姿勢を教える立場でありながら、良い姿勢を勘違いしていました。


姿勢を教えるために勉強しているはずの人間ですら、一般にいわれている姿勢の常識に翻弄されているのですから、多くの人が勘違いしていても仕方ないことかもしれません。


ただ、この勘違いが広まってしまっているために、せっかく良い姿勢になろうと意識して頑張っているにもかかわらず、無駄に疲れてしまったり、ひどい人だと腰痛などの痛みを引き起こしてしまっている人が多くいます。


そんな虚しいことがあるでしょうか。


良い姿勢は誰でも目指せます。たとえ立てなくて車椅子で日常を送っている人だろうが、寝たきりの人だろうが、身体を動かせる限りは。


そのためには、なによりもまず、目指すべき方向を間違わないように、身体に負担の少ない理想的な良い姿勢を理解する必要があるのです。


そこで、多くの人に姿勢を理解してもらうために、、僕は姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。


本来はAmazonで有料で販売しているものですが、少しでも多くの人に姿勢について適切な理解をしてもらいたいので、メルマガの中で今だけ無料で公開しています。


読んでもらうと、姿勢を鏡で見たり写真に撮らなくても、いつでもどこでも把握できるようになり、修正することができるようになります。


姿勢改善は理解することからはじまります。


もし興味あれば読んでみてください。


電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を読む


メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。


本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もし、この記事が役に立った!と思われたら、下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す