身体の使い方・姿勢について

【動画】つま先立ちは、普通に立っているよりも正確な骨の積み方が要求される〜姿勢を保つトレーニング〜

足裏の感覚に慣れてくると、良い姿勢をとることが、さほど難しいことでなくなってきます。

 

ただ、車の運転に慣れてきた頃に交通事故を起こしやすいように、姿勢も慣れてくると、意識がそちらに向かなくなってきます。

 

本来は、悪い姿勢になったら違和感を感じるくらいまでは、足裏の感覚をしっかり脳になじませてたいところです。

 

靴下も、きちんと履かずに中途半端にかかとに引っかかり、「脱ぐのか履くのかはっきりせい」みたいな履き方だと違和感を感じませんか?

 

だらしないし違和感をなくすためにも、きちんと履き直しますよね。

 

足裏の感覚はそれくらい日常的な感覚に落とし込んでいくべきです。

 

しかし、そこまでまだ落とし込めていないにもかかわらず、慣れてきて「できてる」と思い込み、いつしか姿勢のことを完全に忘れ去り、足裏の感覚が変化しても気づかなくなってきます。

 

そこで、今回は良い姿勢を維持するためのトレーニングについてお伝えします。

 

今回のトレーニングは姿勢を保つのが普通に立っているより難しくなるので、より正確な骨の積み方をマスターできます。

 

具体的に何をするかというと、「つま先立ち」をするだけです。

 

普通に腰幅で立っている状態から、つま先立ちに移行するのですが、条件があります。

 

それは、つま先立ちをしていく際に、身体をできるだけ前に傾けないことです。

 

普段はかかとに荷重が乗っているはずなので、さすがに全く体重移動が起こらないというのは無理な話ですが、姿勢を保つことが目的なので、せめて顔の向き、目線が正面を向いたまま変わらないように保ってください。

 

そして、ゆっくりと一定のスピードでつま先立ちに移行し、1番高いところまでつま先立ちしたらそのまま3秒キープ。

 

グラグラせずにピタッと止まれるようにしましょう。

 

 

これを10回連続で行います。

 

最初はグラグラしたりしても、だんだん続けていくと、足首や足指の柔軟性も向上するし、骨の積み方もわかってくるし、股関節の安定のさせ方もわかってくるので、つま先立ちのときにピタッと安定するようになってきます。

 

最初、不安だったら何か台に手を添えながらでもいいでしょう。

 

毎日時間空いたときに10回やるようにして、良い骨の積み木の積み方を思い出すようにしてみてください。

 

つま先立ちの参考として、動画を用意しました。

つま先立ちトレーニングの3つ目、その場で足踏みするのは、意外と難しいです。

 

なので、これができたら、相当バランスが良い状態だと言えるでしょう。

 

「おわりに」で紹介している運動ですが、足首、足指、それぞれ、「何を止めるか」重要です。

 

身体を動かすためには、何を動かすかよりも、何を止めるかを考えることで、コントロールしやすくなります。

 

例えば動画では、足首を動かす上で、膝のお皿の位置が動かないように固定し、股関節の動きを殺し、足首本来の動作をするようにしています。

 

また、足指の動きでは、足首の動きを固定することで、足指自体の力をしっかり発揮させるようにしています。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は「姿勢」とは何か説明できないことに気づいてから、
ずっと「姿勢とは何か?」「本当に良い姿勢とは何か?」
考えてきました。

それは単に言葉の意味が説明できないというだけでなく、
それまでに教えられてきた「良い姿勢」というものに疑問を
持っていたからでもあります。

一般的にいわれている「良い姿勢」の判断基準としては、
「身体を横から見たときに、耳、肩、骨盤、膝、くるぶしが一直線に揃っているか?」

とか

「壁に背中をくっつけて、ふくらはぎが壁につくか、
お尻が壁につくか、腰の隙間は手がギリギリ入るくらいか、
肩は壁についているか、頭は壁についているか」

みたいな基準によって評価されていることが多いです。

そして、僕もそう教わってきました。

しかし、見た目や壁を使った評価では、
「ふくらはぎの太さ」や「お尻の大きさ」
「背骨のカーブの具合」といった
個人の体格の差も評価に影響しやすいです。

また、評価するために他人(専門家)の目が必要だったり、
鏡や壁が必要といった場所の制限も受けてしまいます。

他にも、体勢が変わると評価できないという問題もあります。

このように、一般的な姿勢評価では、正確性や簡便さに問題があり、
場所の制約も受けてしまうのですね。

姿勢は365日24時間いろんな体勢において関わってくるものです。
なので、本質的に「良い姿勢」を保つならば、

常に自分の姿勢の状態を把握し、
姿勢の崩れに気づいた時に自ら改善していける
ことが必要なのです。

良い姿勢は本来無駄な力は抜けるので「楽」なものだし、
だからこそ心も「楽」になり、

そのような落ち着いた姿が美しく映るのです。

現代社会では、例えば腰の痛みで仕事に集中できないというように、
いろいろなストレスに耐えながら仕事をしているため、
自分本来の力を発揮できている人はほんのわずかです。

姿勢が良い人が増えて、

本来の力を発揮できる人が増えれば、仕事の生産性が向上して、
世界全体の経済も向上するし、肉体や精神を病む人も少なくなり、
医療費も削減できるようになると僕は本気で思います。

良い姿勢は誰でも目指せます。

たとえ立てなくて車椅子で日常を送っている人でも、
寝たきりの人でもです。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも
「筋肉をつけること」でもありません。

最も大事なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、
姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す