スクワットはトレーニングの基本

あなたはスクワットやっていますか?

トレーニングの3大種目として、ベンチプレス、デッドリフト、スクワットとあげられます。中でも、スクワットは他のフリーウェイトレーニングの基本となる種目なのです。

というのも、ベンチプレスやデッドリフト、ベントオーバーローなど、これらの種目はスクワットを変形させたものだからです。

例えば、ベンチプレスは、スクワットの状態からベンチに寝転んだものです。

デッドリフトも、僕が思うに、スクワットとの違いは、ウェイトを背中で担ぐのか、身体の前から引き上げるのか、というウェイトの位置の違いくらいで、動き自体には大きな違いはありません。

脊柱の動きに合わせ、骨盤を動かすこと、肩甲骨を寄せて安定させることは、腹筋をメインとしたもの以外のトレーニングには共通する部分になってきます。

もし、フリーウェイトトレーニングをこれからしようと思っている人がいたら、自重のスクワットをきっちりと行うことからはじめてみましょう。

脊柱と骨盤の動きを合わせることが意外と難しいことがわかるでしょう。

尾てい骨から後頭部までを一体のものとして動かすように、そのラインに棒状のものを背中に沿えて固定し、スクワットするようにするとコツがつかみやすいと思います。


スクワットしている間、①頭、②肩甲骨の間あたり、③骨盤の3点が常に棒にあたって離れないように行えたら理想的です。

Clever Body Training サービス&コンテンツ

Clever Body Trainingではパーソナルセッションだけでなく、様々な形で、身体の使い方、姿勢、トレーニング、考え方といった情報発信・サービスを提供しています。とことん考え抜いているからこそ見えてくる本質に、ぜひ触れてみてください。