別の記事で、デッドリフトは2つの動作、ジャッキ作用で構成されていることをお伝えしました。

ただ、この2つの動作は、ほぼ同じ力関係で動いていながら、動作する部位の違いにより、それぞれ役割が違うのです。

今回はその点について説明していきます。

まず、膝のジャッキ作用についてです。

膝のジャッキ作用は、膝を後方に動かすことによって、下腿の骨(前脛骨、腓骨)と大腿の骨(大腿骨)を連結させ、バーベルを下半身の骨で支える形にシフトさせます。

なので、その役割のひとつとしては、下腿の骨と大腿の骨の連結によって骨で支えやすい状態をつくることが挙げられます。

また、連結によって、膝の動きを封じて、次の動作で股関節を動かすことに力を集中させる(膝を曲げる・膝を後方に動かす作用のあるハムストリングス(太もも裏の筋肉)の力を、膝を曲げる動作を封じることにより、膝を後方に動かすという力に集約させる)という役割も果たしています。

さらに、下腿・大腿の骨の連結により、「作用点(股関節)の高さ」を上昇させるという役割も果たしているのです。

次に、股関節のジャッキ作用についてです。

図を見てもらうとわかるのですが、

股関節のジャッキ作用では、バーベルの高さは上がっているものの、作用点(肩甲骨と背骨の接続部)の高さがほとんど変わっていません。

股関節のジャッキ作用の役割は、力点である股関節を前方に出すことによって、作用点である肩甲骨と背骨の接続部分を、下半身に負荷をかけやすい後方に移動させることがその役割です。

股関節のジャッキ作用は、負荷の高さを上昇させることが役割ではないのです。

つまり、膝のジャッキ作用による股関節の高さの上昇によって、負荷の挙上は完了しているのです。

膝のジャッキ作用により、膝を伸ばし切って1、2秒静止することができるなら、股関節のジャッキ作用に移行でき、デッドリフトの挙上の形まで持っていくことができます。

デッドリフトの勝負どころは、膝を伸ばしきって静止できるかどうかなのです。

実際に、デッドリフトの動作をしてみるとわかるのですが、膝を伸ばすときは上下方向の動いているような、そして、股関節を動かす際には前後方向に動いているようなイメージができるでしょう。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket