ベンチプレス

ベンチプレスで下半身のアーチを保ちやすい足の置き方

ベンチプレスでは、できるだけ床を踏まずに行うのが理想的であるということは、以前の記事でお伝えしました。

ベンチプレスにおいて、トレーニーの身体は、台座あるいはつっかえ棒として機能することもお伝えしました。

であるならば、バーベルをラックアップする前のベンチプレスのフォームがとてつもなく重要なのです。

そこで、今回はベンチプレスにおいて、身体が台座として機能するための足の置き方についてお伝えしたいと思います。

まず、ベンチプレスでは踵をつけるべきかどうかという点で悩む人もいるようですが、僕は踵をつけることをおすすめします。

これは、単純に脛の骨が踵の上に乗っているからです。

もし、どうしても踵をつけたくないなら、脛の骨につま先がくるまでかかとを挙げるべきでしょう。

立ったまま踵で背伸びをしてもらうとわかりますが、踵をしっかりと挙げ切ったほうが、中途半端に踵を挙げるより、足裏に対する荷重の感覚が強くなります。
<参考>

立ったままでもそうですが、ベンチプレスの場合でも、足裏にしっかり荷重をかかるのは大変なので、素直に踵を床につけたほうが楽かと思います。

そして、次に問題になりそうなのが、膝を開く幅です。

これは、1番脚がリラックスする幅にするべきです。

昔は、ベンチプレスでは最大限脚を開いたほうが、臀筋に力が入るので良いと思っていた時期が僕にもありました。

そのように思っている人も多いのではないでしょうか。

ただ、このときの臀筋の力は、ベンチプレスではなく、「脚を開く」ことに使われているだけで、バーベルの重さに対しては何の意味もありません。

最大限脚を開くことを良しとするのは、臀筋の力を入れることを優先的に考えてしまったが故に至る考え方です。

最大限脚を開いたままベンチプレスをすると、動作中に踏ん張りやすい位置に脚が移動しようとするので、足の位置が動かないにもかかわらず、膝が内に入ろうとする原因になりかねません。

ただ、足がバーベルに近づくので、物理的に有利になるメリットはあるかもしれません。

一方、脚を閉じすぎてしまうのも考えものです。

これも、脚を最大限開いた場合と逆に、ベンチプレスの動作の中で、挙上しやすい位置に脚が移動しようとして膝が外に開きやすくなりやすいです。
また、骨盤を前傾させにくくなり、アーチが低くなってしまう危険性が高まります。

また、その状態で無理にアーチを高くしようとすると、腰部への負担が増えてしまいがちです。

よって、ベンチプレスの足幅は、1番脚がリラックスする幅にするべきです。

特に、脚の側面である、外腿や臀部、あるいは内腿がリラックスする位置にすべきでしょう。

 

とはいっても、これでは具体的な位置を探しづらいと思うので、具体的なおすすめの下半身の置き方についてお伝えしていきます。

この方法では、両足を地面から浮かせても、尾てい骨が動かないことが前提となります。

尾てい骨が動いてしまうなら、上半身のアーチがきちんとセットできていないので、修正すべきです。

基本的に、アーチが高くなると、腸腰筋の力が強く働いている状態になるので、足の幅は狭くなる傾向があります。

膝の方向も自分で決めてしまわずに、脱力したときに向いた方向のままセットしたほうがいいでしょう。

最後の図4、5の膝を伸ばしていって膝の曲げ角を決めるときは、足裏を地面にこすりつけながら膝を伸ばしていくと、足裏が床に引っかかって止まるので、足裏にフィットする位置はすぐにわかると思います。

このとき、決して床を踏まないように気を付けてください。

床を踏むことで尾てい骨の感覚が変わってしまうことがあります。

脚がリラックスする位置にあることによって、骨を適切に利用すると同時に、バーベルの台座としての機能を保つためだけに筋力を集中させることができます。

ぜひ試してみてください。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す