下腿三頭筋

下腿三頭筋は腓腹筋(Gastrocnemius:内側頭(medial head)、外側頭(lateral head))とヒラメ筋(Soleus)の総称です。

起始

・ヒラメ筋:腓骨頭と腓骨頸の後面、脛骨のヒラメ筋線およびこれと腓骨頭を結ぶ腱弓(=ヒラメ筋腱弓)
・腓腹筋:内側頭は大腿骨の内側上顆、外側頭は大腿骨外側上顆

停止

踵骨腱(アキレス腱)を介し踵骨隆起

作用

・距腿関節:底屈
・距骨下方の関節(距踵関節+距踵舟関節):内反(回外)
・膝関節:屈曲(腓腹筋)

神経支配

脛骨神経(S1、S2)

コメント

ヒラメ筋が単関節であるのに対し、腓腹筋は多関節筋です。そのため、トレーニングの際、ヒラメ筋を鍛える場合は膝をまげて足首の底屈、腓腹筋の場合は伸ばして底屈させます。腓腹筋は、膝を曲げちゃうと、張力が足りずに底屈に作用しにくくなってしまうんですね。

下腿三頭筋が固くなってくると、後ろ体重になりやすくため、バランスをとるために猫背になったりします。身体の下部である、足首に関係しているので、姿勢を左右する筋肉といっても過言ではないくらいです。これらの筋肉は使われやすく固くなりやすいので、よくストレッチしておくようにしましょう。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket