身体の使い方・姿勢について

効率的な身体の使い方は電気と似ている〜力も「もったいない」精神で〜

最近、iPhoneをワイヤレス充電対応
しているものに変えてから、快適な
スマホライフを送ることができています。
 
今までは、充電コードを
スマホに直接繋がないと充電
できなかったんですけど、
ワイヤレス充電では、
置くだけで充電できるんです。
 
知識として聞くだけだと
「便利だなー」くらいの感想
なんですけど、
実際に充電されるのを見たら、
ちょっと感動しちゃいました。
 
すごくないですか?
 
直接繋いでいないのに
充電できちゃうんですよ。
 
ところで、この充電するための電気、
コンセントにプラグを挿せば
得られますよね?
 
これは、コンセントから
電気が得られるからです。
 
この電気について考えてみると、
効率的な身体の使い方と似ているなあ
と気づいたので、今回はそれをお伝え
したいと思います。
 
電気を得ると電化製品を使えるのは、
電気がエネルギーだからです。
 
エネルギーとは、物理学的な
仕事に換算しうる量の総称のこと
をいいます。
 
これだけだとなんのこっちゃか
わからないと思うので、
「力を発生させる源」と考えて
いただければいいかと思います。
 
さあ、出てきましたね。「力」
 
この「力」という共通点があるから、
電気と効率的な身体の使い方は似ているのです。
 
電気は発電所で作られ、送電線や変電所
を介して運ばれ、各住宅のコンセントに
送られます。
 
発電所では、数千ボルトから2万ボルト
の電圧(電気を流そうとする圧力のようなもの)
の電気が作られます。
 
各発電所でつくられた電気は、27万5000ボルト
から50万ボルトという超高電圧に変電されて、
送電線に送られます。
 
そして、変電所で電圧を繰り返し、電圧を
徐々に下げていきます。
 
これは、発熱によるエネルギーのロスを
減らすためです。
 
エネルギーは、エネルギー保存の法則と
いって、エネルギーの総量は変化しない
という法則があります。
 
そのため、電気が熱になってしまうと、
その分電気が減ってしまうんですね。
 
なので、できるかぎり発熱を起こして
電気を減らさないようにするのが
効率的な送電において重要です。
 
そして、電気と同様に、
エネルギーの損失をできるだけ減らす
という点が、効率的な
身体の使い方においても重要なのです。
 
無駄な動作や姿勢維持にエネルギー
を割いてしまうと、力が入っているのに
力が伝わらない、例えば、重いもの
が持てないということになってしまうのです。
 
例えば、脚を思い切り開いたワイドスクワット
であれば、常に臀筋によって動作中脚を開き続ける
力が必要です。
 
力を抜くと、膝がうちに入ってきてしまいますからね。
 
立ち上がるための力が、脚を開くフォームを
維持するためにロスしてしまうのです。
 
これを改善するための対処法は2つあります。
 
1つは、動作中もっとも維持が楽な足幅に
すること。
 
もう1つは、股関節柔軟性を向上させることです。
 
どちら対処法にも共通していえますが、
脚を開くための力が減れば、
立ち上がるための力
を無駄なく伝えることができます。
 
開いておくのが辛ければ、楽なスタンスまで
閉じればいいし、
柔軟性が向上すれば、開いておくための力
が小さてすみます。
 
発揮する筋力を向上させるのは容易ではないので、
できるだけ伝える力のロスを少なくしてあげれば
身体の使い方は改善します。
 
力が弱いと悩んでいるなら、
どうすれば、力の伝達ロス
を少なくできるか考えてみるのは
いかがでしょうか?
 
 
 
ちなみに、日本では送電における
ロスは5~10パーセントほどだそうです。
 
どれくらいなら優秀か
基準がわかりませんが、
遠くから運ばれているにも
かかわらず、この数字なら
かなりロスが少ないといえるのでは
ないでしょうか?

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す