身体について

大腿四頭筋~立派な太腿の筋肉を形作っている~

筋肉隆々の立派な太腿を形作っているのは、今回お伝えする大腿四頭筋です。

マッチョを目指す人なら、絶対に外せない筋肉ですね。

筋肉の働きとしても、膝を伸ばす作用をする唯一の伸筋なので、その役割の重要性は高いです。

大腿四頭筋

大腿四頭筋は、文字通り四つの頭をもつ筋肉であり、それぞれ

大腿直筋(Rectus femoris)

内側広筋(Vastus medialis)

外側広筋(Vastus lateralis)

中間広筋(Vastus intermedius)

があります。

起始

・大腿直筋:下前腸骨棘(垂直頭)、寛骨臼上縁(屈曲頭)
・内側広筋:粗線の内側唇、転子間線の遠位部
・外側広筋:粗線の外側唇、大転子の外側面
・中間広筋:大腿骨骨幹の前面
・膝関節筋(中間広筋の遠位筋束):大腿骨骨幹の前面で膝蓋骨上陥凹の高さ

停止

・大腿直筋と中間広筋:膝蓋靭帯を経由して脛骨粗面(筋肉全体としても)
・内側広筋:内側膝蓋支帯を経由して脛骨粗面の内側顆
・外側広筋:外側膝蓋支帯を経由して脛骨粗面の外側顆
・膝関節筋:膝関節包の膝蓋骨上陥凹の位置

作用

・股関節:屈曲(大腿直筋)
・膝関節:伸展(筋全体)、関節包の巻き込み防止(膝関節筋)

神経支配

大腿神経(L2~L4)

コメント

膝を伸ばす唯一の筋肉であることから、強い力を発揮できる「羽状筋」という筋肉の構造になっています。

 

2本の足で立っているということは、身体を反らしていることであり、身体を反らすために、身体の後面の筋肉が主に働いて直立2足の身体を支えています。

しかし、それもきちんと骨が積みあがっているからこそきちんと支持できるのです。

脛骨の上に大腿骨を乗せておく、そのために膝を伸ばしその状態をキープしてくれる力が必要になります。

そんな大役を担っているのが大腿四頭筋なのです。

 

その役目を全うするために、大腿四頭筋のうち大腿直筋以外の3つの頭は、膝関節のみを超える強靭な単関節の筋肉という布陣です。

このおかげで、骨盤の角度に関わらず、膝を伸ばした状態を維持することができるのです。

 

ちなみに、膝を曲げる単関節の筋肉は、膝窩筋のみです。

しかも、この膝窩筋は小さく、膝を曲げるよりもねじる力に対処するほうがメインの働きとなります。

この差を見ても、どれだけ大腿四頭筋が重要な役割かがわかります。

 

大腿直筋のみが四頭筋の中で唯一の多関節筋です。

骨盤を後傾させる方向での作用をする筋肉が多い中、バランスをとるための付着ともいえます。

 

大腿四頭筋は、膝関節の動きを助けるお皿部分、「膝蓋骨」にも絡んできます。

大腿四頭筋の腱が膝蓋骨と接続してますからね。

 

ところで、膝のお皿って動かせるの知ってました?

膝を伸ばした状態でお皿を指で押すと、数ミリ程度の話にはなりますが、グニグニ動きます。

ただし、膝蓋骨の周りの組織が固まってしまうと、動きません。

本当に張り付いたみたいに動きません。

そうなると、スムーズな膝の曲げ伸ばしに支障が出そうなのは、細かい知識がなくても感じてもらえるかと思います。

 

膝を曲げていくと、大腿四頭筋に張力がかかって伸ばされていき、膝蓋骨が膝(大腿骨)のほうに押さえつけられていきます。

なので、膝を曲げるとお皿は動かせなくなります。

膝を伸ばすとこのおさえつけがなくなるために、動く余裕があるのです。

 

ちなみに、この膝蓋骨が存在する理由は、主に3つあると考えられます。

まずは、この盾のような存在からもわかるように、①膝を外部から保護する役割をしてくれます。

また、先ほど膝を曲げたときに膝蓋骨が大腿骨に張り付いていくという話をしましたが、もし膝蓋骨がなかったら、大腿四頭筋の腱が直接大腿骨と触れ合い摩擦していくことになります。

そうなると大腿四頭筋がバシバシ削られていくのがイメージさせられます。

なので、そのような②大腿四頭筋の腱の保護も役割になります。

さらに、③膝を伸ばす力を伝えやすくなるということもその役割になります。

これは、摩擦が減ったこともそうだし、力学的に膝蓋骨で大腿四頭筋の収縮の方向を変えることで、効率的に膝を伸ばす力を発揮させることができるように、滑車のような役割もしているのです。

 

最後に、膝を痛めた人はよく大腿四頭筋を鍛えるように指示されることが多いと思いますが、膝がねじれたまま曲げ伸ばししてしまうと、膝をさらに痛めてしまう危険性があります。

また、大腿四頭筋が固くなってしまうと、膝を曲げにくくなるということは頭に入れておいてください。

大腿四頭筋自体が抵抗になるのはもちろんですが、先ほどもお伝えしたように、膝を曲げるときは膝蓋骨が大腿骨に向かっておさえつけられることになり、その力が強いと膝蓋骨のすべりが悪くなってしまうからです。

 

大腿四頭筋は膝を伸ばす唯一の筋肉であるという話をしましたが、骨盤と足裏が安定している場合には、ハムストリングス臀筋も膝を伸ばすことに使うことができます(ジャッキ作用)。

なので、膝に痛みがある場合の改善方法としては、大腿四頭筋を鍛えるよりも前に、膝のねじれを修正したり、身体の使い方を変えるといったことを先にしたほうが良いと考えられます。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す