free web hit counter
身体について

大腿四頭筋

大腿四頭筋

大腿四頭筋は、文字通り四つの頭をもつ筋肉であり、それぞれ大腿直筋(Rectus femoris)、内側広筋(Vastus medialis)、外側広筋(Vastus lateralis)、中間広筋(Vastus intermedius)があります。

起始

・大腿直筋:下前腸骨棘(垂直頭)、換骨臼上縁(屈曲頭)
・内側広筋:粗線の内側唇、転子間線の遠位部
・外側広筋:粗線の外側唇、大転子の外側面
・中間広筋:大腿骨骨幹の前面
・膝関節筋:大腿骨骨幹の前面で膝蓋骨上陥凹の高さ

停止

・筋全体:膝蓋靭帯を経由して脛骨粗面(筋全体)
・内側広筋:内側膝蓋支帯を経由して脛骨粗面の内側顆
・外側広筋:外側膝蓋支帯を経由して脛骨粗面の外側顆
・膝関節筋:膝関節包の膝蓋骨上陥凹の位置

作用

・股関節:屈曲(大腿直筋)
・膝関節:伸展(筋全体)、関節包の巻き込み防止(膝関節筋)

神経支配

大腿神経(L2~L4)

コメント

大腿直筋のみが四頭筋の中で唯一の多関節筋です。内側広筋、外側広筋、中間広筋は、膝関節を伸展させる単関節筋であり、膝を屈曲させる単関節に比べて数も多く、大きいです。つまり、人は直立に立つことに重点が置かれた設計をされているのです。

二足直立は非常に不安定です。大腿四頭筋が機能していることで、二足でも安定した直立を維持することができます。

二足直立の要といってもいい筋肉です。

また、膝関節を少し曲げると、大腿四頭筋は膝関節唯一の伸展筋となるため、大腿前部を占めるほど大きな筋肉になっています。そして、強い力が発揮できるように羽状筋になっています。直立二足のまさに要ですね。その影響力の大きさ故、下腿に対しても大きな影響を与えます。四頭筋のバランスが悪くなると、膝に内外旋(曲げる伸ばすではなく、ねじる)のストレスを与えてしまう危険性も出てきてしまいます。

姿勢を理解できる有料電子書籍が今だけ「無料」で読めます

姿勢は軽く見られがちですが、
24時間365日生まれてから死ぬときまで
人生全てに関わってくるものです。

それにもかかわらず、姿勢について
学ぶ機会というものは、
自ら選択しなければやってきません。

学校では教えてくれませんからね。

姿勢が良くなると間違いなく人生は良くなります。

・身体の一部に負担が集中しなくなり、肩こりや腰痛、膝痛などの予防と改善ができます。
・無駄な力が抜け、疲れにくくなります。
・自信に満ちた見た目に変わり、気持ちも変わります。
・身体の使い方が変わり、運動神経が良くなります。
・今まで使われなかった筋肉が使われ、バランスのいい引き締まった身体になります。
・子供や孫を躊躇なくだっこできるようになります。
・死ぬまで自分の足で歩くことができます。

などなど、挙げたらキリがないくらいの恩恵をもたらします。

そして、1度得た姿勢の知識は一生使えます。

例えば、食べ物だと
「食べたら痩せる」
「食べたら健康になる」
みたいな情報はテレビをはじめいろんなところで発信されています。

ただ、以前は健康に良かったとされた食べ物が、今は健康に悪いと言われていることはザラにあるんですよね。

その点、姿勢の知識は、物理法則がひっくり返らない限り、人間の身体の構造が変わらない限り不変です。

そんな姿勢の知識をまとめた書籍が
電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」です。

これは本来有料で販売しているものですが、
メールマガジンの中で、今だけ特別に無料でお届けしています。

これを読んでいただければ、どのような姿勢が良い姿勢で、何に気を付ければ良い姿勢でいられるかがわかります。

鏡で見て背筋が伸びているか確認する必要はありません。

姿勢が24時間365日関わるのと同じく、自分の姿勢を24時間365日チェックできる方法をご紹介しています。

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す