大腿四頭筋

大腿四頭筋は、文字通り四つの頭をもつ筋肉であり、それぞれ大腿直筋(Rectus femoris)、内側広筋(Vastus medialis)、外側広筋(Vastus lateralis)、中間広筋(Vastus intermedius)があります。

起始

・大腿直筋:下前腸骨棘(垂直頭)、換骨臼上縁(屈曲頭)
・内側広筋:粗線の内側唇、転子間線の遠位部
・外側広筋:粗線の外側唇、大転子の外側面
・中間広筋:大腿骨骨幹の前面
・膝関節筋:大腿骨骨幹の前面で膝蓋骨上陥凹の高さ

停止

・筋全体:膝蓋靭帯を経由して脛骨粗面(筋全体)
・内側広筋:内側膝蓋支帯を経由して脛骨粗面の内側顆
・外側広筋:外側膝蓋支帯を経由して脛骨粗面の外側顆
・膝関節筋:膝関節包の膝蓋骨上陥凹の位置

作用

・股関節:屈曲(大腿直筋)
・膝関節:伸展(筋全体)、関節包の巻き込み防止(膝関節筋)

神経支配

大腿神経(L2~L4)

コメント

大腿直筋のみが四頭筋の中で唯一の多関節筋です。内側広筋、外側広筋、中間広筋は、膝関節を伸展させる単関節筋であり、膝を屈曲させる単関節に比べて数も多く、大きいです。つまり、人は直立に立つことに重点が置かれた設計をされているのです。

二足直立は非常に不安定です。大腿四頭筋が機能していることで、二足でも安定した直立を維持することができます。

二足直立の要といってもいい筋肉です。

また、膝関節を少し曲げると、大腿四頭筋は膝関節唯一の伸展筋となるため、大腿前部を占めるほど大きな筋肉になっています。そして、強い力が発揮できるように羽状筋になっています。直立二足のまさに要ですね。その影響力の大きさ故、下腿に対しても大きな影響を与えます。四頭筋のバランスが悪くなると、膝に内外旋(曲げる伸ばすではなく、ねじる)のストレスを与えてしまう危険性も出てきてしまいます。



出張パーソナルセッション

大阪府にて、楽に身体を動かせるようになるための出張パーソナルセッションも承ってます!ジムには通えないという人でも、人ひとりが寝られるスペースがあれば運動できます。トレーニングに必要な道具や整体ベッドは持参します。動きたくないという人には、整体のみのコースもご用意しています。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket