大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋(Tensor fasciae latae)

起始

上前腸骨棘

停止

腸脛靭帯

作用

・大腿筋膜の緊張
・股関節の外転、屈曲、内旋

神経支配

上臀神経(L4~S1)

コメント

数少ない股関節内旋筋です。

大殿筋とともに、腸脛靭帯を通して、大腿外側をカバーするとともに、大腿骨が骨盤から外れないように抑え込む役割もあります。

腸脛靭帯を通して膝関節を超えていながら、膝関節に対する作用はないみたいです。腸脛靭帯がほぼ脛骨のちょうど外側についているのと、けいこつの上端ぎりぎりについているのが原因でしょうか。付着から見ると、大腿筋膜張筋が固くなることによる脛骨の外側へのズレは、注意していたほうがよさそうです。

特に女性でよくみられるX脚傾向の人が、腸腰筋を使うべきところの代わりにこの筋肉が使われてしまっていることが多いですね。

Clever Body Training サービス&コンテンツ

Clever Body Trainingではパーソナルセッションだけでなく、様々な形で、身体の使い方、姿勢、トレーニング、考え方といった情報発信・サービスを提供しています。とことん考え抜いているからこそ見えてくる本質に、ぜひ触れてみてください。