身体について

大腿筋膜張筋〜大臀筋と共に大腿外側を止める最後のストッパー〜

大腿筋膜張筋は、臀部のもっとも最前部にあたり、大臀筋と共に大腿の外側を保持する大事な筋肉です。

略して「まくちょうきん」なんて呼ばれていることもあります。

そう呼んでいるのは僕だけではないはず(笑)

 

大腿筋膜張筋は、文字通り読めば、「大腿筋膜を張らせる筋肉」です。

「大腿筋膜」は「腸脛靱帯」のことだと思ってもらえればいいです。

 

腸脛靱帯は、大臀筋と大腿筋膜張筋から始まって脛の骨まで付着しています。

これも3点付着になってますね。

どういうこと?と思われる人はハムストリングスの記事を読んでみてください。

 

大腿の筋肉や脛の骨(膝)が外側に広がってこないように、骨の積み木が外側に崩れないようにつなぎ止める最終の砦、ストッパーの役割をしているんですね。

 

このままだと前置きが長くなってそのまま終わりそうなので、基本情報挟みます。

大腿筋膜張筋(Tensor fasciae latae)

起始

上前腸骨棘

停止

腸脛靭帯

作用

・大腿筋膜の緊張
・股関節の外転、屈曲、内旋

神経支配

上臀神経(L4~S1)

コメント

大腿筋膜張筋は、数少ない股関節内旋筋です。

股関節を内旋させる筋肉といったら、中臀筋に小臀筋、それに大内転筋くらいのものではないでしょうか。

他の股関節周りの筋肉は、ほとんど股関節の外旋に関わってくる筋肉になってますね。

 

そう聞くとすごいアンバランスに見えますが、基本的には内旋と外旋には役割の違いがあって、結局これくらいの配分がベストバランスになっているんだと思います。

 

「内旋と外旋の役割の違いってどういうこと?」って思いますよね。

端的にいうならば、動作の中心的役割をするのは外旋で、内旋は脚をまっすぐ向けていく役割を担っていると考えられるからです。

 

例えば、歩いている最中に方向転換する時は、股関節を外旋させる必要があります。

右に方向転換しようと思えば、右脚を方向転換方向(右横)に向けるでしょう。

これは、身体右側に開く動作と相まって右股関節外旋によって向けられています。

そして、この「身体を右側に開く動作」というのも、体重が乗っている左脚の股関節の外旋が動作の中心になっているんですよね。

 

ここでは、方向転換を例に挙げましたが、あなたも色々動作を考えてみてください。

股関節内旋がメインとなる動作はほとんどないのがわかります。

 

じゃあ、「外旋の筋肉だけでいいじゃん」と思うかもしれませんけど、反対の働きをする筋肉、拮抗筋がないと股関節が外旋しっぱなしになってしまいますよ。

筋肉は必ず動きが一方通行にならないように逆の作用をする拮抗筋が存在します。

これは絶対です。

でないと元の姿勢に戻れない動作が存在するということになってしまいますから。

 

話を戻して、力も強くて数も多い股関節を外旋させる筋肉たちに対抗して、普段は脚をまっすぐ向けるようにしてくれているのが、股関節を内旋させる筋肉、つまり大腿筋膜張筋なのであります。

 

なぜ、ここまで大腿筋膜張筋を持ち上げるかというと、身体を扱う仕事をしている人間に、大腿筋膜張筋は悪者扱いされてしまいやすいからなのです。

確かに、膝を痛めている人はもうほぼ全ての人がと言ってもいいほど、大腿筋膜張筋が凝り固まっています。

また、女性の人が感じることの多い「股関節のつまり」もこの大腿筋膜張筋が絡んでいます。

 

そんな風に悪い場面にばかりに顔を出すものだから、すっかり悪者になってしまっているわけです。

しかし、大腿筋膜張筋の働きは、腸脛靱帯を通して、大腿の外側をカバーすること、つまり骨の積み木が外側に崩れないようにするための最後の砦、ストッパーの役割をしています。

 

ここで前置きの話に戻ってきたのですが、何が言いたいかというと、

大腿筋膜張筋が凝り固まっているということは、そもそも骨の積み木が崩れかかっていて、ストッパーに負担がかかりすぎているということです。

なので、大腿筋膜張筋が凝り固まっているからストレッチするというのはわかるのですが、根本から考えれば、積み木が外側に崩れないように、足裏の外側への体重分布を減らしてやるようにする必要があるということです。

足裏を柔らかく保ち、足指や足首を動かすこと。

それだけでも大腿筋膜張筋への負担は少なくなってきますよ。

 

大腿筋膜張筋も頑張っているので、悪者扱いせずに、労ってあげてください。

 

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す