身体の使い方・姿勢について

姿勢はあなたの印象を左右する〜第一印象は姿勢から〜

僕は趣味っていうわけではないですけど、結構人間観察してます。
 
まあ駅だったり街中に出ると、どの方向を見ても人がいるので、どうしても目に映り込んでくるっていうのもありますが。
 
そうやって観察しているといろんなこと考えてしまうんですよね。
 
例えば、顔が下向きになって猫背で歩くスーツを着たOLさんとかを見ると、今日怒られてしまったのかなあ、とか残業続きで疲れているのかなーとか。
 
一方、他の方向に目をやれば、同じようなスーツを着ていても、前を向いて背筋も伸びていると、ただ歩いているだけでも「颯爽」と歩いているように見えて仕事もできそうな雰囲気を感じさせられます。
 
まあ本当のところはわからないんですけどね。
 
でも、姿勢によって、これだけ人に与える印象って変わります。
 
あなたも、人の姿勢を見て、無意識にその人となりの印象を受けていないですか?
 
もちろん、服装や顔、体型など、外見から見る人となりっていろんな要素がありますが姿勢の占める部分って案外大きいと思うのです。
 
逆に考えれば、それだけ自分の姿勢から、周りの人に対して印象を与えているってことです。
 
昔、学校の体育の時間に集団行動っていう授業があったんです。
 
集団行動っていうのは、バラバラにいるところから先生の笛の合図ひとつで素早く集まって整列したり、隊列を乱さないように行進したりと行った、まさに集団で行動する上での統率の取れた動きのことです。
 
それで、クラスメイトの1人にめちゃめちゃ勉強してて頭の良い奴がいたんですが、その集団行動の時、姿勢が悪いために先生から頻繁に「背筋シャンとせい」と怒られていたんです。
 
当時は「少しくらいの間背筋伸ばしとけよ」
 
って思ってたんですが、今思うと、勉強を頑張りすぎて、身体が丸まるのが習慣で身体バランスもそのように変わっていて、背筋を伸ばすのが周りの人間と比べても辛かったんじゃないかなと思います。
 
しかも、そいつは頻繁にそれを注意されるせいか先生に鈍臭い奴みたいな形で記憶に残ってしまったみたいです。
 
体育の先生は普段のそいつがどんな様子かわからないですからね。
 
なおさら自分の受け持っている授業の様子で判断してしまうのです。
 
長距離走の時にも、そいつは運動が得意でないので、走っている位置もかなり後方なのもありますが、よく「〇〇遅い」って名指しで怒鳴られてました。
 
もちろん他にもっと遅い生徒もいたんですけどね。
 
これは、ちょっと特殊な例かもしれませんが、姿勢ひとつでここまで受け取る印象が変わるんだなって思います。
 
しかも、その印象のせいで、僕のクラスメイトのように損をすることだってあるのです。
 
そう考えると、姿勢を良くしたほうが得だなって思いませんか?
 
しかも、姿勢を良くするなんて、時間はかなりかかるでしょうが、普段から少し気にかけるだけで良くなってきます。
 
服を買う必要もないし、別にガシガシに鍛えこむような人並み以上の努力も必要ありません。
 
こんなお手軽で効果の高い印象アップの方法があるでしょうか。
 
なので、姿勢が悪い人も見ると、僕はいつも「もったいないなー」って思ってしまいます。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す