後頭下筋群は、大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋と、4つあります。

大後頭直筋

起始

軸椎(第2頸椎)の棘突起

停止

下項線の中間1/3

作用

両側が収縮すると、頭を後屈させる。片側を収縮すると、収縮側と同じ側に頭を回旋する。

神経支配

第1頸神経の後枝(後頭下神経)

小後頭直筋

起始

環椎(第1頸椎)の後結節

停止

下項線の内側1/3

作用

両側が収縮すると、頭を後屈させる。片側を収縮すると、収縮側と同じ側に頭を回旋する。

神経支配

第1頸神経の後枝(後頭下神経)

上頭斜筋

起始

環椎の横突起

停止

大後頭直筋の停止の上部

作用

両側が収縮すると、頭を後屈させる。片側を収縮すると、収縮側に頭を傾け、反対側に頭を回旋する。

神経支配

第1頸神経の後枝(後頭下神経)

下頭斜筋

起始

軸椎の棘突起

停止

環椎の横突起

作用

両側が収縮すると、頭を後屈させる。片側を収縮すると、収縮側に頭を傾け、反対側に頭を回旋する。

神経支配

第1頸神経の後枝(後頭下神経)

後頭下筋群へのコメント

後頭下筋群は頸椎の棘突起、横突起、頭蓋骨の下部をそれぞれ結ぶことによって、頭部を安定させる働きをしています。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket