手の筋肉には、短拇指外転筋(Abductor pollicis brevis)、拇指内転筋(Adductor pollicis)、短拇指屈筋(Flexor pollicis brevis)、拇指対立筋(Opponens pollicis)、小指外転筋(Abductor digiti minimi)、短小指屈筋(Flexor digiti minimi brevis)、小指対立筋(Opponens digiti minimi)、短掌筋(Palmar aponeurosis)、第1~4虫様筋(Lumbrical)、第1~4背側骨間筋(Dorsal interosseous)、第1~3掌側骨間筋(Palmar interosseous)があります。

短拇指外転筋(Abductor pollicis brevis)

起始

舟状骨、屈筋支帯

停止

第1基節骨の底

作用

拇指の外転、屈曲

神経支配

正中神経(C6、C7)

拇指内転筋(Adductor pollicis)

起始

・横頭:第3中手骨、掌側面
・斜頭:有頭骨、第2・3中手骨の底

停止

第1基節骨の底(尺骨の種子骨を介して)

作用

・拇指の手根中手関節に対して:対立
・拇指の中手指節関節に対して:屈曲

神経支配

尺骨神経(C8、T1)

短拇指屈筋(Flexor pollicis brevis)

起始

・浅頭:屈筋支帯
・深頭:有頭骨、大菱形骨

停止

第1基節骨の底(橈側の種子骨を介して)

作用

・拇指の手根中手関節に対して:屈曲、対立
・拇指の中手指節関節に対して:屈曲

神経支配

・浅頭:正中神経、C6~T1
・深頭:尺骨神経、C8、T1

拇指対立筋(Opponens pollicis)

起始

大菱形骨

停止

第1中手骨の橈側縁

作用

拇指の手根中手関節に対して:対立

神経支配

正中神経(C6、C7)

小指外転筋(Abductor digiti minimi)

起始

豆状骨

停止

第5基節骨の底の尺側縁および指背腱膜

作用

・小指の中手指節関節に対して:小指の屈曲と外転
・小指の近位・遠位指節間関節に対して:伸展

神経支配

尺骨神経(C8、T1)

短小指屈筋(Flexor digiti minimi brevis)

起始

有鈎骨鈎、屈筋支帯

停止

第5基節骨の底

作用

小指の中手指節関節に対して:屈曲

神経支配

尺骨神経(C8、T1)

小指対立筋(Opponens digiti minimi)

起始

有鈎骨鈎

停止

第5中手骨、尺側縁

作用

第5中手骨を掌側に引く(対立)

神経支配

尺骨神経(C8~T1)

短掌筋(Palmar aponeurosis)

起始

手掌腱膜の尺側縁

停止

小指球の皮膚

作用

手掌腱膜を緊張させる(保護機能)

神経支配

尺骨神経(C8、T1)

第1~4虫様筋(Lumbrical)

起始

深指屈筋の腱、橈側(変異あり、不定)

停止

・第1虫様筋:第2指(示指)の指背腱膜
・第2虫様筋:第3指(中指)の指背腱膜
・第3虫様筋:第4指(薬指)の指背腱膜
・第4虫様筋:第5指(小指)の指背腱膜

作用

・第2~5指の中手指節関節に対して:屈曲
・第2~5指の近位・遠位指節間関節に対して:伸展

神経支配

・第1~2虫様筋:正中神経、C8、T1
・第3~4虫様筋:尺骨神経、C8、T1

第1~4背側骨間筋(Dorsal interosseous)

起始

第1~5指中手骨の向かい合う対向面から二頭をもって

停止

・第1背側骨間筋:第2基節骨の底の橈側
・第2背側骨間筋:第2基節骨の底の橈側
・第3背側骨間筋:第2基節骨の底の尺側
・第4背側骨間筋:第2基節骨の底の尺側

作用

・第2~5指の中手指節関節に対して:屈曲
・第2~5指の近位・遠位指節間関節に対して:指の伸展と外転

神経支配

尺骨神経(C8、T1)

第1~3掌側骨間筋(Palmar interosseous)

起始

・第1掌側骨間筋:第2中手骨の尺側
・第2側骨間筋:第4中手骨の橈側
・第3掌側骨間筋:第5中手骨の橈側

停止

起始のある指の指背腱膜、基節骨の底

作用

・第2、4、5指の中手指節関節に対して:屈曲
第2、4、5指の近位・遠位指節間関節に対して:指の伸展と内転

神経支配

尺骨神経(C8~T1)

手の筋肉についてのコメント

手は、足と違って物をつかむ必要性があるために、より足よりも多くの筋肉がついています。特に、「対立(親指を4指のほうに動かす)」という作用は手だけの作用です。指の末節骨、中節骨を一つ一つつなぐ筋肉がないため、指の第一関節だけ曲げるというのは至難の業です。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket