横隔膜

横隔膜(Diaphragm)

起始

・肋骨部:肋骨弓の下線(第7~12肋軟骨の内面)
・腰椎部(右、左脚)
→内側部:第1~3腰椎体、第2~3椎間円板、前縦靭帯
→外側部:第2腰椎椎体から肋骨突起の間に張る腰筋弓(内側弓状靭帯)、第2腰椎の肋骨突起と第12肋骨の先端の間に張る腰方形筋弓(外側弓状靭帯)
・胸骨部:剣状突起の後面

停止

腱中心(Central tendon)

作用

収縮によって胸郭を広げ、吸気を行う。また、腹腔内臓への加圧を助ける(腹圧負荷)。

神経支配

頸神経叢の横隔神経(C3~C5)

コメント

呼吸(横隔膜・胸郭呼吸運動)においてもっとも重要な筋です。腹腔上部にドーム状に存在しています。随意筋と不随意筋の両方の性質を持ちます。横隔膜収縮時は、膜が下方に下がり、胸郭を広げ、吸気を行います。

いわずと知れた、呼吸に欠かせない筋肉です。

心臓の線維性の膜は、靭帯を介して腱中心に付着しています。そのため、心臓は呼吸に合わせて上下運動しています。つまり、横隔膜の動きが、直接心臓に影響を与えます。

Clever Body Training サービス&コンテンツ

Clever Body Trainingではパーソナルセッションだけでなく、様々な形で、身体の使い方、姿勢、トレーニング、考え方といった情報発信・サービスを提供しています。とことん考え抜いているからこそ見えてくる本質に、ぜひ触れてみてください。