歩くときに股関節がうまく使えないという人は多いようですね。股関節がうまく使えているかどうかは、歩いた後にどこが疲れているか聞くとわかります。

 

ふくらはぎが疲れるという人は、足首や膝下が主に使われて歩いています。

 

お尻が疲れるという人は股関節が主に使われて歩けてます。

 

お尻が疲れる人にはそのままでいいのですが、ふくらはぎが疲れてしまうという人は、歩く時に次のことを気をつけて歩くといいでしょう。

それは、かかとで地面を後ろに掻くようにして歩くということです。

 

ふくらはぎが疲れる人は、足先で地面を蹴って歩いてしまっています。これでは、前に進む推進力だけでなく、ブレーキもかけてしまっています。それに、股関節が使われにくいので、歩幅も狭くなりがちです。

 

かかとで地面を後ろに掻こうとすると自然と股関節も使われ出します。というか後ろに掻かないと前に進みません。

 

まずは、意識から変えていきましょう。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket