歩くとふくらはぎが疲れたりしませんか?10分くらいの短時間ならあまり感じないかもしれませんが、30分それは、まさに歩く時にふくらはぎばかり働かせてしまっているからかもしれません。

 

ひざ下ばかり動かしていると、前に進む推進力が十分に得られないため、つま先で地面を蹴って前に進もうとします。すると、歩く時にふくらはぎばかり使われるという結果になってしまします。

 

それを防ぐためには、脚の付け根から動かす、股関節の動きが大切になってきます。

股関節を動かすポイントとしては、「大股で歩くこと」です。

 

そう聞くと、大股で歩けばいいんだ、と脚を大きく前に出して歩く人が多いですが、ここで、大事なことは「後ろに大股」で歩くことです。

 

そうすることによって、股関節から脚を後ろに運んでくれるお尻の筋肉が使われて、ふくらはぎの負担を軽減することができます。

 

お尻が使われるとお尻が引き上がってくるので、お尻が気になる女性にもおすすめの歩き方です。

詳しくは以下の電子書籍を読んでいただくとより理解が深まります。

足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket