free web hit counter
身体の使い方・姿勢について

歩くとふくらはぎがパンパンになりませんか?~つま先で地面を蹴って歩くは正しい?~

歩くとふくらはぎが疲れたりしませんか?

10分くらいの短時間の歩行なら、どこかの筋肉が疲れたなんてあまり感じないかもしれません。

しかし、30分や1時間、あるいは、それ以上の長時間歩いたりすると、よく使われている筋肉に疲労を感じやすくなります。

このとき、ふくらはぎがパンパンになってしまっている場合は、ふくらはぎをよく働かせているからです。

ふくらはぎをよく使う歩き方はどのような歩き方かというと、つま先で地面を蹴って跳ねるように進む歩き方です。

よく、「正しい歩き方」なんて題している情報を見たりすると、

「地面をつま先で蹴って歩くのが良い」

なんて言われたりするのをよく聞きます。

ただ、何に対していいのかまであまり言及されていないのではないのでしょうか?

僕の記憶にあるのは、健康のために歩いている長寿で元気な高齢者の方が、

「健康であるためのコツは、地面をしっかり蹴って歩くこと」

なんて言っているのをテレビで見たような記憶があります。

確かに、第2の心臓と言われるふくらはぎをしっかり動かすことは、血液循環をスムーズにしてくれる効果があるでしょう。

しかし、この記事を見てくれているあなたは、おそらくそんなことを聞きたいのではないと思います。

歩くとふくらはぎがパンパンに張って辛いと感じておられますよね?

絶対に「正しい」というものはありません。

そして、目的によって「正しい」と言われるものは変わります。

根拠に納得できない情報をむやみに信じるのはやめましょう。

実は、つま先で地面を蹴るという動作は、前方に進む「歩行」という動作にとって、効率の悪い力の発揮の仕方になります。

歩くときに必要な力は前に進む推進力です。

足によってその推進力を得るためには、後方に力を発揮することで、身体を前方に進める推進力を得ることができます。

ではどの筋肉で推進力を生み出せばいいのか?

それは、歩くときに使われやすい3つの関節、足関節(足首)・膝関節・股関節それぞれの動き、そして、それぞれの関節を動かす筋肉の力の発揮方向を見れば一目瞭然です。

上の図は、前述の3つの関節について、動作の軌道と主に使われる筋肉について表しています。

ちなみに、関節はまっすぐ動くことはなく、回転運動することは前提知識として持っておいてください。

それぞれ見ていきましょう。

緑色は足関節です。

つま先の動きだと思ってもらえばいいです。

足関節の軌道はおおよそくるぶしを中心に地面の方向に向かって動きます。

この方向への動作は主にふくらはぎの筋肉が使われます。

水色は膝関節です。

矢印は膝関節を曲げる動きですね。

軌道を見てみると、膝を中心に、最初こそは後方に向かいますが、すぐに上方へ向かって回転していきます。

主に使われる筋肉は太もも裏の筋肉(ハムストリングス)です。

赤色は股関節です。

股関節はお尻の中心あたりを軸として、膝を後方に動かします。

主に使われる筋肉は臀筋です。

こうしてみると、赤色の股関節が最も後方に向かう力として近い方向に動くことがわかります。

なので、股関節を動かすことが、力の方向から推進力として最適であるといえます。

股関節が最適な理由はほかにもあって、ふくらはぎにくらべて、臀筋が強い力を発揮することも挙げられます。

以上を見てもらうと、臀筋をしっかり使って、脚の付け根から動かす股関節を動かして歩くことができれば、ふくらはぎの負担は減ってパンパンに張りにくくなります。

股関節を使うと効率的な力の発揮ができるとわかったところで、股関節を動かし臀筋を使って歩くためのコツをお伝えしたいと思います。

股関節を動かすポイントは、「大股で歩くこと」です。

そう聞くと、「大股で歩けばいいんだ」、と脚を大きく前に出して歩く人が多いのですが、ちょっと待ってください。

単純に大股に歩けばいいというものではありません。

ここで、大事なことは「後ろに大股」で歩くことです。

脚を前に出すような大股は、身体のバランスを崩しやすい上に、出した脚が着地するとブレーキになってしまって歩行の推進を妨害する力になってしまいます。

小股だろうと大股だろうと、前に出す脚の位置はほぼ同じがいいでしょう。

歩いた時に、お尻と太腿の分かれ目くらいの、押すと座骨に触れるあたりに、歩いたときに力が入っている感覚があれば、脚をまっすぐ後方に引けて、良い歩き方であるといえます。

お尻が使われるとお尻が引き上がってくるので、お尻が気になる女性にもおすすめの歩き方です。

歩き方について、詳しくは以下の電子書籍を読んでいただくとより理解が深まります。

足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

姿勢を理解できる有料電子書籍が今だけ「無料」で読めます

姿勢は軽く見られがちですが、
24時間365日生まれてから死ぬときまで
人生全てに関わってくるものです。

それにもかかわらず、姿勢について
学ぶ機会というものは、
自ら選択しなければやってきません。

学校では教えてくれませんからね。

姿勢が良くなると間違いなく人生は良くなります。

 

・身体の一部に負担が集中しなくなり、肩こりや腰痛、膝痛などの予防と改善ができます。
・無駄な力が抜け、疲れにくくなります。
・自信に満ちた見た目に変わり、気持ちも変わります。
・身体の使い方が変わり、運動神経が良くなります。
・今まで使われなかった筋肉が使われ、バランスのいい引き締まった身体になります。
・子供や孫を躊躇なくだっこできるようになります。
・死ぬまで自分の足で歩くことができます。

などなど、挙げたらキリがないくらいの恩恵をもたらします。

 

僕自身、身体を痛めなくなった、トレーニングで重いものを持てるようになった、体重も落ちて引き締まったという身体面はもちろんのこと、物事の考え方、習慣の大切さ、気遣いの細やかさ、性格までも好転するようになりました。

 

そして、1度得た姿勢の知識は一生使えます。

例えば、食べ物だと
「食べたら痩せる」
「食べたら健康になる」
みたいな情報はテレビをはじめいろんなところで発信されています。

 

ただ、以前は健康に良かったとされた食べ物が、今は健康に悪いと言われていることはザラにあるんですよね。

その点、姿勢の知識は、物理法則がひっくり返らない限り、人間の身体の構造が変わらない限り不変です。

そんな姿勢の知識をまとめた書籍が
電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」です。

これは本来有料で販売しているものですが、
メールマガジンの中で、今だけ特別に無料でお届けしています。

これを読んでいただければ、どのような姿勢が良い姿勢で、何に気を付ければ良い姿勢でいられるかがわかります。

 

鏡で見て背筋が伸びているか確認する必要はありません。

姿勢が24時間365日関わるのと同じく、自分の姿勢を24時間365日チェックできる方法をご紹介しています。

姿勢が良くなればすべては改善します

そして、姿勢は理解するだけで良くなります。

 

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を読む

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

コメントを残す