セッションでの気づき

歩くと膝が痛いのに、走ると痛くない〜原因を考える〜

僕がセッションしているお客さんの中で、歩く時に膝が痛い人がいます。

その人は、腰が丸くなっていて股関節が使いづらいので、歩く時に脚を前後に動かすことができず、どうしても、横から振り回すように動かしてしまうのです。

そのような脚の使い方を長年していたため、膝に捻れがおこってしまい、膝が伸びなくなってしまっています。

今ではかなり改善されてきましたが、それでもたまにまだ膝が痛いそうです。

その人曰く、「走っている時は痛くないのに、歩くと痛い」とのことです。

その人は活発な人で、毎朝散歩がてら近所をランニングするそうです。

普通は歩いて膝の痛みを感じる人が、走ろうなんてあまり考えないので、珍しい例かもしれません。

しかし、物理を考えれば、実際に起こりえます。

それを考えるにあたって、「歩く」と「走る」の境界線を考えなければなりません。

「歩く」というものの限界は、競歩にあると思います。

競歩のルールの一つに、ロスオブコンタクトと呼ばれるルールがあります。

これは、どちらかの足が地面に接していなければならないというものです。

つまり、両足同時に地面から離れることがあるかどうかが、「歩く」と「走る」の境界線なのです。

この境界線を踏まえた上で、歩くと走るを比べても、ジャンプして着地するのと同じ状態である「走る」ほうが、膝への負担が大きいような気がします。

確かに、膝にかかる負担の最大値は、走る方が大きいでしょう。

しかし、それでもなお、歩いたほうが痛い場合がある理由があるのです。

それは、「歩く」動作では足に地面がついているからです。

走っている場合は、身体が空中にあることがほとんどです。

空中にいる間は、足は自由に動かせる上、荷重がかかっていない状態です。

一方、歩いている場合は、どちらかの足が常に地面についている状態です。

つまり、常にどちらかの足に荷重がかかっている状態なのです。

荷重がかかっている状態で脚を動かすことになるので、動かす場所によっては、身体に負担をかけることになってしまうのです。

今回話にあがったお客さんの場合、股関節が動きにくいので、それ以外の膝関節、足首(足関節)、足指などによって脚を動かし、体重を移動させることになります。

それが、膝関節中心になれば、膝関節に負担がかかることになります。

膝は、縦方向に曲げる伸ばすが基本の関節で、横方向の負担に弱いです。

この脚を動かす際に横のストレスがかかっていれば、膝が痛くなってもおかしくありません。

このように「歩くと膝が痛いけど、走れば痛くない」という状況が生じるのです。

この状況は、脚を適切に前後に股関節から動かせるようになれば、改善される可能性が高いことを意味しています。

膝に負担に多少大きな負担がかかることは問題ではないので、横ストレスが少なくなる身体の使い方を普段からできるようになることが大切になります。

実際に、このお客さんは、セッションの中で股関節から脚を前後に動かして歩くことができれば、痛みを感じません。

身体の痛みの原因は、絶対にこれと断言することはできませんが、このようにできるだけ当たりをつけて対策を考えることで、改善と予防に繋がってきます。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す