セッションでの気づき

歩くと膝が痛いのに、走ると痛くない〜原因を考える〜

僕がセッションしているお客さんの中で、歩く時に膝が痛い人がいます。

その人は、腰が丸くなっていて股関節が使いづらいので、歩く時に脚を前後に動かすことができず、どうしても、横から振り回すように動かしてしまうのです。

そのような脚の使い方を長年していたため、膝に捻れがおこってしまい、膝が伸びなくなってしまっています。

今ではかなり改善されてきましたが、それでもたまにまだ膝が痛いそうです。

その人曰く、「走っている時は痛くないのに、歩くと痛い」とのことです。

その人は活発な人で、毎朝散歩がてら近所をランニングするそうです。

普通は歩いて膝の痛みを感じる人が、走ろうなんてあまり考えないので、珍しい例かもしれません。

しかし、物理を考えれば、実際に起こりえます。

それを考えるにあたって、「歩く」と「走る」の境界線を考えなければなりません。

「歩く」というものの限界は、競歩にあると思います。

競歩のルールの一つに、ロスオブコンタクトと呼ばれるルールがあります。

これは、どちらかの足が地面に接していなければならないというものです。

つまり、両足同時に地面から離れることがあるかどうかが、「歩く」と「走る」の境界線なのです。

この境界線を踏まえた上で、歩くと走るを比べても、ジャンプして着地するのと同じ状態である「走る」ほうが、膝への負担が大きいような気がします。

確かに、膝にかかる負担の最大値は、走る方が大きいでしょう。

しかし、それでもなお、歩いたほうが痛い場合がある理由があるのです。

それは、「歩く」動作では足に地面がついているからです。

走っている場合は、身体が空中にあることがほとんどです。

空中にいる間は、足は自由に動かせる上、荷重がかかっていない状態です。

一方、歩いている場合は、どちらかの足が常に地面についている状態です。

つまり、常にどちらかの足に荷重がかかっている状態なのです。

荷重がかかっている状態で脚を動かすことになるので、動かす場所によっては、身体に負担をかけることになってしまうのです。

今回話にあがったお客さんの場合、股関節が動きにくいので、それ以外の膝関節、足首(足関節)、足指などによって脚を動かし、体重を移動させることになります。

それが、膝関節中心になれば、膝関節に負担がかかることになります。

膝は、縦方向に曲げる伸ばすが基本の関節で、横方向の負担に弱いです。

この脚を動かす際に横のストレスがかかっていれば、膝が痛くなってもおかしくありません。

このように「歩くと膝が痛いけど、走れば痛くない」という状況が生じるのです。

この状況は、脚を適切に前後に股関節から動かせるようになれば、改善される可能性が高いことを意味しています。

膝に負担に多少大きな負担がかかることは問題ではないので、横ストレスが少なくなる身体の使い方を普段からできるようになることが大切になります。

実際に、このお客さんは、セッションの中で股関節から脚を前後に動かして歩くことができれば、痛みを感じません。

身体の痛みの原因は、絶対にこれと断言することはできませんが、このようにできるだけ当たりをつけて対策を考えることで、改善と予防に繋がってきます。

姿勢改善は姿勢を理解することからはじまる

姿勢を良くしたいと思って意識しているけど、なかなか姿勢が良くならないって感じていませんか?


姿勢の良し悪しは見た目で判断するのが常識とされています。


よく良い姿勢の判断基準としては、


「身体を横から見たときに、耳、肩、骨盤、膝、くるぶしが一直線に揃っているか?」


とか


「壁に背中をくっつけて、ふくらはぎが壁につくか、お尻が壁につくか、腰の隙間は手がギリギリ入るくらいか、肩は壁についているか、頭は壁についているか」


みたいな基準によって評価されていることが多いと思います。


しかし、これらは、良い姿勢の結果そうなるもので、この状態を目指すというのは、実は姿勢の本質から外れてしまっています。


しかも、個人の体格の差にも影響しやすく、正確な判断ができません。


例えば、骨盤の傾き次第では、たとえ先ほど挙げられた部位が一直線に揃っていても、良い姿勢とは言い難いですし、臀部が大きければ、壁についたときに腰の隙間は空きやすくなります。


良い姿勢とは、骨で身体を支え、筋肉などの負担をできるだけ最小限で抑えた姿勢のことをいいます。


だからこそ、良い姿勢は本来「楽」なものだし、無駄な力は抜けてくるし、見た目にも無理している様子がないからこそ綺麗に映るのです。


僕自身、姿勢を教える立場でありながら、良い姿勢を勘違いしていました。


姿勢を教えるために勉強しているはずの人間ですら、一般にいわれている姿勢の常識に翻弄されているのですから、多くの人が勘違いしていても仕方ないことかもしれません。


ただ、この勘違いが広まってしまっているために、せっかく良い姿勢になろうと意識して頑張っているにもかかわらず、無駄に疲れてしまったり、ひどい人だと腰痛などの痛みを引き起こしてしまっている人が多くいます。


そんな虚しいことがあるでしょうか。


良い姿勢は誰でも目指せます。たとえ立てなくて車椅子で日常を送っている人だろうが、寝たきりの人だろうが、身体を動かせる限りは。


そのためには、なによりもまず、目指すべき方向を間違わないように、身体に負担の少ない理想的な良い姿勢を理解する必要があるのです。


そこで、多くの人に姿勢を理解してもらうために、、僕は姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。


本来はAmazonで有料で販売しているものですが、少しでも多くの人に姿勢について適切な理解をしてもらいたいので、メルマガの中で今だけ無料で公開しています。


読んでもらうと、姿勢を鏡で見たり写真に撮らなくても、いつでもどこでも把握できるようになり、修正することができるようになります。


姿勢改善は理解することからはじまります。


もし興味あれば読んでみてください。


電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を読む


メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。


本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もし、この記事が役に立った!と思われたら、下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す