free web hit counter
身体の使い方・姿勢について

無理に背すじを伸ばすと腰を痛める

あなたは、「背すじを伸ばす」ときくと、どのような姿勢を思い浮かべるでしょうか?

僕が聞いた中では、多くの人が腰(腰椎)を反らすことをイメージしていました。

ちなみに、腰とは、みぞおちより下部の背面部分のことを指すと定義しています。また、みぞおちより上部の背面のことを背中と定義しています。人に背中と腰の定義を聞くと、人によりバラバラなので、僕は便宜上、このように定義しています。

確かに、腰を反らすと、一見いい姿勢のように見えます。下の写真はわかりやすいようにおおげさにやっていますが。。。


しかし、このような姿勢をとり続けていると、腰の筋肉に力が入りすぎ、反り腰になったり、腰を痛めたりする原因になったりします。見た目にも太っていないのにお腹がぽっこり出てるようにも見えますね。

また、腰を反った分、前方に体重がかかりやすいため、前後バランスをとるために肩が前に出て猫背になったりもします。

もっといえば、正しい身体の使い方とは、何も意識しなくても入ってしまう腰の力を、いかに分散するかであるので、腰に力を集中させることは、身体の使い方の面から言ってもよくありません。

では、腰を痛めずに「背すじを伸ばす」にはどうすればいいでしょうか?

それは、「背中(胸椎、首の下からみぞおちあたりまで)」を反らすことです。

胸椎は、生理的湾曲(背骨の正常なカーブ)からいうと、後湾(後ろに凸)しているのが正常なのですが、生活環境のせいもあり、多くの人の胸椎が後湾しすぎています。腰は反ってるのに肩はなんか猫背ぎみ、そんな人よく見かけたりしませんか?

背中を反らそうとすることで、胸椎が自然な生理的湾曲を描くことができ、いい姿勢につながります。腰へも必要以上に負担をかけることなくです。

では、どうすれば背中が反れるかというと、まず、「顎を引く」ことを意識してみてください。写真はおおげさに胸椎伸展させているので、あごが引かれているのがよくわかると思います。

首の前の筋肉である胸鎖乳突筋に力が入れば、胸は引きあがり、自然と胸椎が伸ばされることになります。

ぜひやってみてください!

姿勢が良くなれば、全てが改善します

姿勢は軽く見られがちですが、
24時間365日生まれてから死ぬときまで
人生全てに関わってくるものです。

それにもかかわらず、姿勢について
学ぶ機会というものは、
自ら選択しなければやってきません。

学校では教えてくれませんからね。

姿勢が良くなると間違いなく人生は良くなります。

 

・身体の一部に負担が集中しなくなり、肩こりや腰痛、膝痛などの予防と改善ができます。
・無駄な力が抜け、疲れにくくなります。
・自信に満ちた見た目に変わり、気持ちも変わります。
・身体の使い方が変わり、運動神経が良くなります。
・今まで使われなかった筋肉が使われ、バランスのいい引き締まった身体になります。
・子供や孫を躊躇なくだっこできるようになります。
・死ぬまで自分の足で歩くことができます。

などなど、挙げたらキリがないくらいの恩恵をもたらします。

 

僕自身、身体を痛めなくなった、トレーニングで重いものを持てるようになった、体重も落ちて引き締まったという身体面はもちろんのこと、物事の考え方、習慣の大切さ、気遣いの細やかさ、性格までも好転するようになりました。

 

そして、1度得た姿勢の知識は一生使えます。

例えば、食べ物だと
「食べたら痩せる」
「食べたら健康になる」
みたいな情報はテレビをはじめいろんなところで発信されています。

 

ただ、以前は健康に良かったとされた食べ物が、今は健康に悪いと言われていることはザラにあるんですよね。

その点、姿勢の知識は、物理法則がひっくり返らない限り、人間の身体の構造が変わらない限り不変です。

そんな姿勢の知識をまとめた書籍が
電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」です。

これは本来有料で販売しているものですが、
メールマガジンの中で、今だけ特別に無料でお届けしています。

これを読んでいただければ、どのような姿勢が良い姿勢で、何に気を付ければ良い姿勢でいられるかがわかります。

 

鏡で見て背筋が伸びているか確認する必要はありません。

姿勢が24時間365日関わるのと同じく、自分の姿勢を24時間365日チェックできる方法をご紹介しています。

姿勢が良くなればすべては改善します。

そして、姿勢は理解するだけで良くなります。

 

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を読む

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

本を読むのが苦手でも、図も多数使っているので読みやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す