あなたは、「背すじを伸ばす」ときくと、どのような姿勢を思い浮かべるでしょうか?

僕が聞いた中では、多くの人が腰(腰椎)を反らすことをイメージしていました。

ちなみに、腰とは、みぞおちより下部の背面部分のことを指すと定義しています。また、みぞおちより上部の背面のことを背中と定義しています。人に背中と腰の定義を聞くと、人によりバラバラなので、僕は便宜上、このように定義しています。

確かに、腰を反らすと、一見いい姿勢のように見えます。下の写真はわかりやすいようにおおげさにやっていますが。。。


しかし、このような姿勢をとり続けていると、腰の筋肉に力が入りすぎ、反り腰になったり、腰を痛めたりする原因になったりします。見た目にも太っていないのにお腹がぽっこり出てるようにも見えますね。

また、腰を反った分、前方に体重がかかりやすいため、前後バランスをとるために肩が前に出て猫背になったりもします。

もっといえば、正しい身体の使い方とは、何も意識しなくても入ってしまう腰の力を、いかに分散するかであるので、腰に力を集中させることは、身体の使い方の面から言ってもよくありません。

では、腰を痛めずに「背すじを伸ばす」にはどうすればいいでしょうか?

それは、「背中(胸椎、首の下からみぞおちあたりまで)」を反らすことです。

胸椎は、生理的湾曲(背骨の正常なカーブ)からいうと、後湾(後ろに凸)しているのが正常なのですが、生活環境のせいもあり、多くの人の胸椎が後湾しすぎています。腰は反ってるのに肩はなんか猫背ぎみ、そんな人よく見かけたりしませんか?

背中を反らそうとすることで、胸椎が自然な生理的湾曲を描くことができ、いい姿勢につながります。腰へも必要以上に負担をかけることなくです。

では、どうすれば背中が反れるかというと、まず、「顎を引く」ことを意識してみてください。写真はおおげさに胸椎伸展させているので、あごが引かれているのがよくわかると思います。

首の前の筋肉である胸鎖乳突筋に力が入れば、胸は引きあがり、自然と胸椎が伸ばされることになります。

ぜひやってみてください!



オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket