身体の使い方・姿勢について

疲れやすさ・集中力は姿勢で変わる〜姿勢と呼吸〜

「眠たいのに眠れない」

「寝るための時間をしっかりとっているのに、寝つきが悪い。寝ようとするとますます寝れなくなる」

「無駄にイライラしてしまう」

「落ち着きがなくなる」

「5分前に考えていたことが思い出せない」

「何かと忘れっぽくなる」

あなたには思いあたるところはありませんか?

これは、姿勢が悪くなっていることで酸素を取りこみにくくなっているのが原因かもしれません。

 

姿勢が良くなると血液循環が良くなり、酸素を全身に行き渡らせてくれます。

ただ、いくら血液循環が改善されたからといって、そもそも酸素が体内に入ってこないと意味がありません。

酸素は呼吸によって体内に取り込まれますよね。

この呼吸のしやすさも姿勢に大きく影響されるのです。

 

姿勢が悪くなると、呼吸しづらくなって浅い呼吸になってしまいます。

一方、姿勢が良くなると、この呼吸もしやすくなって深い呼吸が自然とできるようになります。

酸素は身体を動かすエネルギーを生み出す源。

だから、呼吸で取り込む酸素が少なくなると、身体の機能が低下してしまうのです。

特に、脳は取り込んだ酸素のうちの約25%を消費すると言われています。

なので、酸素が不足すると、脳の働きは鈍くなってしまい、集中力がなくなってきます。

しっかりと酸素を使うことができれば、脳は活性化し勉強や仕事の能率アップに繋がってきます。

仕事ができる人が姿勢にこだわることが多いのはそのためです。

 

ちなみに、頭痛の多くも脳への酸素不足だったりするので、首回りの筋肉を緩めて酸素が脳に通りやすくしてやれば頭痛が改善されることも多いです。

僕のお客さんで、慢性的な頭痛に悩まされていた人が、姿勢を改善することで良くなったということがありました。

 

痛みって緊急性が高い信号になるので、他に何かしようと思っても行動が制限されてしまうんですよね。

痛みがないっていうのは自分の能力をフルに発揮できる前提でもあります。

僕は頭痛になることはほとんどないですが、腰痛には良くなっていた時期があります。

なので、痛みが集中を妨げる巨悪になるのは良くわかります。

「痛い痛い」と痛みばかりが頭を支配して、他のことが考えられなくなるんですよね。

 

また、酸素不足の影響は脳だけではなく筋肉にも影響します。

人間は体内でいくつかのエネルギーを生み出す方法を持っていますが、一番効率の良くエネルギーを生み出せるのが、酸素を材料に使った方法です。

なので、酸素不足は体内のエネルギー不足を引き起こし、持久力が低下して疲れやすい身体にしてしまいます。

ちなみに、この酸素を使ったエネルギー生成には、脂肪も使われるので、しっかりと酸素を体内に取り入れられることは、痩せやすい身体にも繋がってきます。

 

一時期、酸素カプセルって流行りましたよね?

スポーツ選手とかが使っているなんて話題になってました。

これはしっかりと酸素を身体に取り込ませることで、疲労回復をはじめとした様々な身体機能活性化を狙っているわけです。

 

では、どうして姿勢改善することで、酸素を多く取り込まれるようになるのでしょうか?

一言でいうと、肺を動かしやすくなるからです。

 

呼吸は肺で行われていますが、実は肺自体が動いて空気を取り込んだり、吐き出したりしているわけではありません。

筋肉の力で体内の空間を広げたり、狭めたりすることによって肺を動かしているのです。。

 

呼吸の様子は注射器に似ています。

体内の空間が注射器の容器部分で、胸部と腹部の境界線にある横隔膜が注射器のレバーと同じ役割をします。

注射器はレバーを引けば空気や液体が注射器内に入るし、押せば出ていきますよね。

横隔膜も、息を吸うとき引き下げられて胸部の空間を広げ、吐くときは元の位置に戻って行くことで胸部の空間が狭まり、空気が出て行くことになります。

 

身体の場合はそれだけでなく、肋骨を開いたり閉じたり、腹部の空間を広げたり狭めたりすることも、呼吸を助けています。

注射器でいえば、注射器自体が大きくなったり小さくなったりするイメージですね。

この肋骨や腹部の動かすのも、もちろん筋肉です。

 

試しに、背筋を伸ばした状態と背中を丸めた状態で呼吸してみて、吸える空気の量、吸いやすさを比べてみてください。

断然背筋を伸ばした背筋を伸ばした方が吸いやすいはずです。

 

呼吸に関しては、単純に深呼吸を頻繁にすれば解決するという話ではありません。

呼吸は、自動でもできるし手動でもできるセミオート機能です。

そして、どちらの時間が長いかというと、断然自動で行われている時間の方が長いはずです。

呼吸は頑張って行うものではないのですね。

自然な状態の時に、自動でしっかり呼吸ができるような身体に整えてやる必要があります。

その環境整備が姿勢改善なのです。

 

僕のお客さんで、重りを持ってスクワットしたときに、筋肉の限界よりも先にすぐに息苦しくなって回数をこなせない、という人がいました。

この人に姿勢に気をつけてやってもらうと、同じ重さのウェイトでも連続して行える回数が倍に増えたということがあります。

 

呼吸は「するもの」ではなく「されるもの」

そのように考えて、しっかりと呼吸がなされるように姿勢を良くして空気の出入りがしやすい環境を整えてあげると、集中力が高い疲れにくい身体になります。

自分の能力は、良い姿勢で体調が整っているからこそフルに発揮できるのです。

だから、一流のビジネスマンは姿勢にこだわる人が多かったりします。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す