筋肉の成長には、破壊(筋トレ)、栄養、休養の3つが必要といわれています。

筋トレを毎日やってはダメかどうかというのは、上の3つの中では休養の話ですね。

世間では筋トレは○日あけたほうがいいとか△時間あけたほうがいいとかさまざまなことが言われています。

「超回復」が重要なんてことも言われていたりもしますね。

そこで、筋トレは毎日やってはダメなのでしょうか?

僕の考えをお伝えします。

まず、「超回復」とは、強い負荷をかけることで傷つき衰えた筋肉細胞が休息によって回復し、さらに負荷を受ける前よりも筋力が強くなる現象をいいます。この回復期間は、その情報元によって期間にずれがありますが、だいたいトレーニング後24時間~72時間の幅でいわれていることがほとんどです。

よって、トレーニングは2日おきとか3日おきにするべきとかよく言われています。

この考え方の従えば、筋トレは毎日やってはダメということになります。

ところが、僕は、毎日筋トレをやっている時期がありましたが、ちゃんと筋肉は発達しましたし、筋力も向上しました。

冒頭でもお伝えしましたが、筋肉の成長には、破壊(筋トレ)、栄養、休養の3つが必要といわれています。

僕としては、さらに付け加えるならそのバランスも重要だと思います。

つまり、トレーニング強度によって、筋肉が回復するために必要な時間は変わってくると思います。

軽いトレーニングをしたならば、筋肉は短い時間で回復するでしょうし、きついトレーニングをしたならば、筋肉の回復にはより長い時間がいるでしょう。

大事なのは、トレーニング強度と休息のバランスだと思います。

加えて、慣れにもよると思います。

毎日のように体を酷使する人は、その酷使に耐えうるように、筋肉の回復時間も早くなってくるんだと思います。

人間だけでなく、生物はみな、その置かれた環境に適応する能力があります。

僕は筋肉の発達もそのうちのひとつだと考えています。

以上から、筋トレを毎日やってはダメかどうかは、筋トレの強度とのバランスと、人によると考えられます。

あなたも、一般的に言われていることにこだわらず、自分だけのベスト筋トレ周期を探してみてはいかがですか?

追記
筋トレはしばしば、やらないのもよくないし、やりすぎるのもよくないと言われます。なぜなら、筋肉は休ませている間に成長すると言われているからです。一般的にも、何事もバランスが大事みたいな傾向がありますしね。

ただ、やりすぎといえるのはどこからなのでしょうか?

それは、人により異なるでしょうし、数値で明確に表すのも難しいでしょう。

思うに、人間には適応能力というものがあり、どんな状況であっても、その状況に長時間さらされることによって、徐々にその状況に順応することができます。

筋トレがやりすぎがどうかは、この適応能力が肉体の耐久力を超えるかどうかにかかっているんだと思うんですよね。

自分の今のトレーニングを、昔のトレーニングしていなかったころの自分が行うとしたら、一瞬で大けがをするでしょう。

10年以上かけて少しづつ強度をあげてきたからこそ、今のトレーニングを行える体ができあがっているのです。

とすれば、筋トレの強度や頻度を少しづつあげていけば、筋トレを毎日行っても問題ない体がつくられると思います。

僕も最近、強度はいろいろですがほぼ毎日のように筋トレしてますしね(笑)

20131111追記
そもそも、人により「トレーニングをした」といえる強度が違うのに、どうして休息期間を限定することができるでしょうか?

5分でもトレーニングしたら、「トレーニングした」と思う人もいれば、2時間はトレーニングしないと「トレーニングした」と思えない人もいるでしょう。

体の状態も、ちょっと疲れる程度までトレーニングする人もいれば、フラフラになるまでトレーニングをする人もいるはずです。

個々の事情を考慮しないで、トレーニング後、超回復させるために何十時間休息うんたらかんたらというのは、あまりにも勝手な決めつけだと思われます。



オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket