腓骨筋群には、長腓骨筋、短腓骨筋、第3腓骨筋がある。

長腓骨筋(Fibularis longus、Peroneus longus)

起始

腓骨頭、腓骨外側面の上部2/3(部分的に筋間中隔)

停止

内側楔状骨の足底面、第1中足骨底

作用

・距腿関節:底屈
・距骨下方の関節(距踵関節+距踵舟関節):外反(回内)
・足の横足弓の保持

神経支配

浅腓骨神経(L5、S1)

コメント

腓骨筋群が弱化すると、内反捻挫を起こしやすくなったり、外反母趾を引き起こしやすくなってしまう。足裏の外側に体重がかかっている場合、足関節から腓骨・脛骨が落ちないように腓骨筋群で支えるため、腓骨筋群は固くなりやすい。特に、長腓骨筋は、一番長いため、この支えに動員されやすい。

短腓骨筋(Fibularis brevis、Peroneus brevis)

起始

腓骨外側面の下部1/2、部分的に筋間中隔

停止

第5中足骨粗面(場合によっては第5趾の趾背腱膜への分岐腱をもつ)

作用

・距腿関節:底屈
・距骨下方の関節(距踵関節+距踵舟関節):外反(回内)

神経支配

浅腓骨神経(L5、S1)

コメント

腓骨筋群が弱化すると、内反捻挫を起こしやすくなったり、外反母趾を引き起こしやすくなってしまう。

第3腓骨筋(長趾伸筋の一部)

起始

腓骨下部の前縁

停止

第5中足骨底

作用

・距腿関節:背屈
・距骨下方の関節(距踵関節+距踵舟関節):外反(回内)

神経支配

深腓骨神経(L4~S1)

コメント

腓骨筋群の中で、唯一外果の前方(他2つは外果の後方)を通っている。神経支配は、下腿前方に位置する前脛骨筋などと同じ、深腓骨神経に支配されている。

人間の足首は外側体重になりやすいような構造になっているので、外側体重にかかるのを防ごうとするこれら腓骨筋は固くなりやすいです。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket