身体の使い方・姿勢について

腰を痛めると人生損します。

今回は腰についてお伝えしていこうと思います。

あなたは、動けなくなるほど腰を痛めたことありますか?

痛めたことあればわかると思うんですけど、
少し動いただけで痛みが走るんですよね。

それだけ腰は動作に関わっているということです。
腰は全ての動作に絡んでいるといっても過言ではないです。

まさに「腰」という漢字が示す通り、肉付き(月)のかなめ(要)です。

漢字ってうまいこと考えられてますよね。

それだけ痛いので、
身体的ストレスはもちろん、
精神的ストレスも大きくなります。

僕のお客さんで、腰を痛めてからイライラしてしまって、
恋人と別れた経験があるという人もいました。

腰を痛めるというのは、それくらい人生に負担をかけてしまいます。

人生にとって大きな損失です。

なので、腰を痛めるということは、できるだけ避けなければなりません。

 

でも、腰にかかる負担ってわかりにくいんですよね。

肝臓が沈黙の臓器と言われたりしますが、沈黙の筋肉があるとするなら、腰の筋肉だと僕は思います。

腰は常に身体を支える要なので力が強く、持久力もあり、我慢強いのが特徴です。

しかし、あるときその負担の限界を超えると、急に激痛が生じることになります。

ギックリ腰はまさにその典型です。

負担に耐えて耐えて耐えて耐えてある時いきなりプッツンきます。

プッツン来る時は本当に些細なことできます。

くしゃみでなる人もいれば、少し屈もうとした時に
「ギクっ」
となってしまうんです。

これは、きっかけ自体が悪いのではなく、
それまでに腰にかけていた負担が悪いのです。

そうならないために普段から腰への負担を注意してあげて、
できるだけ負担を減らしてあげるのが大切です。

そのために1番わかりやすいのは
直接触ってあげることです。

立った状態でも
座った状態でも
いいのですが、
腰に手のひらを
少しだけ強めに
当ててみてください。

すると、腰の筋肉の固さ
がわかると思います。

例えば、上体を少し前に傾けてみましょう。

すると、腰の筋肉が
固くなるのがわかりますか?

元の体勢に戻ると、
腰の筋肉も柔らかくなります。

この筋肉が固くなっている時は、腰が身体を強く支えている
状態であり、負担がかかっている状態です。

つまり、普段の姿勢で腰の筋肉が柔らかい状態
であれば、負担の少ない腰にとって良い姿勢であるといえるのです。

なので、腰の筋肉を触りながら、1番柔らかくなる体勢を探してみましょう。

そして、普段からその体勢でいることを心がけてください。

そうすれば、腰を痛める危険性を減らしてあげることができます。

見た目に良い姿勢に見える人ほど要注意です。

姿勢良く保とうと意識するばかりに、腰の筋肉をガチガチに固めて姿勢を保っているという人は結構います。

良い姿勢の本質は見た目じゃないですよ。

本質的な姿勢改善をするなら考え方から見直しましょう

記事を読んでいただいてありがとうございます。

僕は【身体と心を「楽」にして人生をより快適する】
ということをテーマに情報発信しています。

姿勢は、生まれてから死ぬまで365日24時間
ずっと関わることになるものです。

なので、その積み重ねの影響力は大きいものです。

姿勢次第で自分の身体に枷をかけ
身体の動きを抑え込んでしまったり
身体を痛めてしまうことがあれば、

意識せず自分自身を抑え込んでいる
枷から自分を解放し

身体を軽やかに痛みなく
思い通りに動かせることになります。

身体と心はつながっていて
不可分な関係なので、

身体の調子が悪ければ
心も当然暗くふさぎ込んで
しまうことになるし、

調子が良ければ明るく
前向きになってきます。

つまり、姿勢を改善することは、
最も簡単で確実な自己改善法なのです。

しかし、姿勢について学ぶ機会はほぼなく、
「なんとなくこうだろう」という
常識で固められてしまっています。

そのため、姿勢を良くしようと
努力しているにもかかわらず

姿勢が一向に良くならないという
状態になってしまっていることを
よく聞きます。

根本から姿勢改善するためには、
この常識から抜け出さなくては
なりません。

姿勢改善に必要なのは
「背筋を伸ばすこと」でも
「胸を張ること」でも
「筋肉をつけること」でも
「意識すること」でも
ありません。

本当に必要なのは
「姿勢の本質を理解すること」です。

そこで、僕は根本的な姿勢改善できる人
が少しでも増えるように、

姿勢の本質から理解を深め改善する方法を
電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れていて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を受け取って読んでみる

メールアドレスを入力すれば
すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、
さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」
も無料でお送りしています。

書籍と合わせて読んでもらうことで、
姿勢の常識から抜け出し、

姿勢の本質への理解を一気に
深めてもらうことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

電子書籍とメールセミナーを読んでみる

もし、この記事が役に立ったと思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェア
していただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す