セッションでの気づき

膝が伸びると膝の痛みが減った!~膝が痛む原因~

僕が見させていただいてきたお客さんにも、膝の痛みで悩んでいる人は多いです。

特に高齢の方は多いですね。

 

「周りにそんな人いない」と思われる人もいるかもしれませんが、あまり人には言わないだけで、膝の痛みに悩んでいる人は多いのです。

テレビでもよく「コンドロイチン」を含んだサプリのCMもよく流れていますしね。

売れるから、売れる確信があるから広告費を使って宣伝するわけですから。

 

さて、膝の痛みについては、膝周りの筋肉が弱まっているせいだと思っていませんか?

病院や整骨院などにいけば、口裏を合わせているかのように「筋肉が弱っているから」と膝周りの筋力トレーニングを勧めてきますもんね。

もちろん、筋力の低下が痛みの一因であることが間違いであるわけではありません。

筋肉がないよりあったほうが膝をしっかり支持できるのは間違いないですから。

 

ただ、膝の痛みのほとんどは、膝に負担が集中する、膝周りの筋肉のバランスが悪いこと、身体の使い方が適切でないことが原因です。

今挙げたこれらの話は別個の要因ではなく、それぞれ関連性を持っています。

 

膝周りの筋肉のバランスがなぜ悪くなるかといえば、骨で支えられていないからというのが大半です。

脛の骨に対して太腿の骨がきちんと積みあがっていないのです。

これは、身体の使い方、姿勢の問題でもあります。

 

どうすれば脛の骨に対して太ももの骨が積み上がってくるかというと、

膝が伸ばすことです。

 

なので、膝が伸びるようになれば、骨が積み上がり、痛みが軽減されてきます。

「なあんだ、そんなことで」

と思われるかもしれませんが、ただ膝を伸ばすといっても簡単ではないかもしれません。

 

私のお客様の中で、膝が痛いことがきっかけでパーソナルセッションを受けていただいているお客様が何人かいらっしゃいます。

その全員が、膝が伸びないのです。

伸ばしたくても伸ばせないのです。

それも、左右の脚で比べて痛むほうの脚が伸びません。

 

膝関節はドアの開閉をしている蝶番(ちょうつがい)のような機能を果たしています。

蝶番はきちんと噛み合っているからこそスムーズに動いてくれますが、噛み合わせが悪いと、引っかかりが生じたり、動かなくなったりしてしまいます。

もちろん、このことは膝関節でも同じです。

 

そこで、膝が伸びるようにセッションをしていったところ、その全員が痛みが減ったことを実感されました。

膝関節の噛み合わせを改善していくことによって、膝が少しでも伸びるようにしていったのです。

 

その結果、膝の痛みが取れたことによって、歩くのがおっくうになっていた人も、今ではウォーキングを欠かさないようになったとのことです。

膝が伸びているかを知るひとつの手段として、壁を背にして、壁にかかとをつけて立ち、ふくらはぎが壁につくかどうかチェックするという方法があります。

ただふくらはぎの太さに左右される部分もあるので、あくまで目安ではありますが。

ぜひ、あなたも一度チェックしてみてください。

 

ちなみに、「膝が伸びると痛みがおさまる」なんていうと、極端にとらえて「とにかく膝を伸ばそう」という人がたまにいます。

もちろん、膝が伸びていた方がいいのですが、それは上でもお伝えした通り、脛の骨の上に太ももの骨を乗せることができるからです。

骨を乗せることができると、骨で支えることができ、筋肉の負担が減ります。

 

もし、膝をいっぱいいっぱい伸ばしてしまうと、その「骨による支え」ではなく、結局筋肉を稼働させてしまうことになります。

ややこしいかもしれませんが、「なぜ膝を伸ばすと痛みが減るのか?」という理由については見逃さないようにしてください。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す