身体について

膝窩筋~膝関節をねじれから守る~

膝窩筋は「しつかきん(しっかきん)」と呼びます。

膝窩筋(Popliteus)

起始

大腿骨の外側顆、外側半月の後角

停止

脛骨の後面(ヒラメ筋の起始の上方)

作用

膝関節における屈曲と内旋(膝関節の安定)

神経支配

脛骨神経(L5~S2)

コメント

膝窩筋は、独立している筋肉としては、唯一膝関節をまたぐ単関節筋です。

膝関節を超える筋肉としては、大腿四頭筋や大腿二頭筋、半腱様筋に半膜様筋がありますが、いずれも2関節筋ですね。

唯一の単関節筋だからこそ、膝関節の安定が主な役割になります。

それに、膝を屈曲させる力はハムストリングスに腓腹筋と強いものがすでにいるので、膝窩筋がそんなにでしゃばる必要はないでしょうしね。

 

膝関節はねじれや横の力に構造上弱いです。

そのような力に耐えるために必要なのが膝窩筋です。

筋肉の線維の方向が、周辺の他の筋肉と比べて水平方向になってますね。

筋肉の長さも長いとはいえず、動作自体への関与も大きくないことが想像できます。

 

やはり膝関節の安定がメインの働きになるでしょうね。

 

ハムストリングスや腓腹筋は、左右で分かれています。なので、その左右のバランスの差が大きいと、膝関節が苦手な横方向やねじれのストレスを与えてしまいます。

他にも、膝関節を超えてくる筋肉たちの影響も大きいです。

その結果、膝関節は構造上、外旋(太腿の骨に対して、脛の骨が外側に向かって回転)しやすいので、膝窩筋は内旋させて中和させるような付着になっているのでしょう。

なので、膝が痛いという人は、この膝窩筋を鍛えてやると、ねじれが中和され痛みが和らぐということは多いです。

ここでは、簡単な方法を紹介します。

片脚ずつやりましょうね。

まずは膝を曲げて椅子に座った状態、膝は90度くらい曲がっているのが理想的です。

動かす膝の下あたり、脛骨の上部あたりを左右の手で包み込むように軽く触れておきます。

そうしたら、踵を中心につま先の向きをワイパーのように変えてみましょう。

うまく膝関節が動いていたら、手に脛骨や腓骨が向きを変えているのが伝わるはずです。

膝が痛い人はぜひやってみてください。

 

本質的な姿勢改善をするなら考え方から見直しましょう

記事を読んでいただいてありがとうございます。

僕は【身体と心を「楽」にして人生をより快適する】
ということをテーマに情報発信しています。

姿勢は、生まれてから死ぬまで365日24時間
ずっと関わることになるものです。

なので、その積み重ねの影響力は大きいものです。

姿勢次第で自分の身体に枷をかけ
身体の動きを抑え込んでしまったり
身体を痛めてしまうことがあれば、

意識せず自分自身を抑え込んでいる
枷から自分を解放し

身体を軽やかに痛みなく
思い通りに動かせることになります。

身体と心はつながっていて
不可分な関係なので、

身体の調子が悪ければ
心も当然暗くふさぎ込んで
しまうことになるし、

調子が良ければ明るく
前向きになってきます。

つまり、姿勢を改善することは、
最も簡単で確実な自己改善法なのです。

しかし、姿勢について学ぶ機会はほぼなく、
「なんとなくこうだろう」という
常識で固められてしまっています。

そのため、姿勢を良くしようと
努力しているにもかかわらず

姿勢が一向に良くならないという
状態になってしまっていることを
よく聞きます。

根本から姿勢改善するためには、
この常識から抜け出さなくては
なりません。

姿勢改善に必要なのは
「背筋を伸ばすこと」でも
「胸を張ること」でも
「筋肉をつけること」でも
「意識すること」でも
ありません。

本当に必要なのは
「姿勢の本質を理解すること」です。

そこで、僕は根本的な姿勢改善できる人
が少しでも増えるように、

姿勢の本質から理解を深め改善する方法を
電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れていて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を受け取って読んでみる

メールアドレスを入力すれば
すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、
さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」
も無料でお送りしています。

書籍と合わせて読んでもらうことで、
姿勢の常識から抜け出し、

姿勢の本質への理解を一気に
深めてもらうことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

電子書籍とメールセミナーを読んでみる

もし、この記事が役に立ったと思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェア
していただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す