身体の使い方・姿勢について

自分の動かせる範囲を知っておけば力は抜ける

身体を動かす時に、どうしても力が抜けない人っていますよね。

スポーツをやってる人はよく聞くと思うのですが、「軸がぶれる」
というのも、力が抜けないことが1つの原因です。

この力が抜けない大きな原因の1つに、
「自分の動かせる範囲以上に身体を動かそうとする」
ことが挙げられます。

要は無理してるから力が入るんです。

これだけ聞いてもイメージしづらいと思うので、
実際に確認してみましょう。

まず、横向きに寝転びます。どちら側が上でもいいんですが、
わかりやすいように、利き足側が上になるようにしましょうか。

下側の脚は使わないので、膝を軽く曲げて、
バランスを取れるようにしましょう。

上側の脚はまっすぐのばします。

頭から、上側の踵まで一直線になるようにするのが理想的です。

そこから、上側の脚全体を、ゆっくり持ち上げてみましょう。

一般的に外側の臀部を鍛えるトレーニングですね。

ゆっくり持ち上げていくと、最初はスムーズに上がりますが、
だんだんとお尻の外側に力が入るのを感じ、脚の動きは
鈍くなり、やがて引っかかるようにして止まります。

そこから、さらに、脚を高く挙げようと
してみましょう。

すると、足先が上を向こうとしたり、下側のウエストあたりが床に押し付けられたり、手で床を押したくなったりしてきませんか?

これは、もう臀部の力だけでは持ち上がらないから、
なんとか脚を高い位置に挙げるために力み出しているのです。

ただ、足先が上に向こうとしているということは、足首や足指を動かす筋肉に力が入っています。

ウエストが押し付けられているということは、ウエストを曲げてなんとか脚を持ち上げようとしているからです。

ウエストが曲がっているということは、つまり、先ほどお伝えした「軸がぶれる」状態です。

手で床を押しているのは、もう脚どころか、身体全体を押し上げて、脚の位置を高くしよう
としているからです。

つまり、余計な力を使わずに、軸をぶらさずに脚を持ち上げられるのは、最初に引っかかる感覚があったところまでなのです。

なので、この引っかかる感覚があるところまでが動かせる範囲と知っていれば、その範囲以上に脚を動かさないことによって、余計な力が入らないようになります。

もちろん、身体が柔らかければ、この範囲は広くなるし、固ければ、この範囲は狭くなります。

身体の柔軟性を上げると力が抜けやすくなるのは、このおかげなんですね。

フィギィアスケートで足を頭の方まで挙げたままくるくる回っている様子を見たことありますか?

コマのように軸があるかのごとくスムーズに回転してますよね。

もし、選手の身体が固ければ、足を頭まで上げるために体幹部を後ろに反らさなければならず、とても軸は保って入られません。

ちょっと話が反れましたが、とにかく、身体の力を抜きたかったら、
自分の身体を楽に動かせる範囲を知っておくことが重要です。

スポーツだけでなく、もちろん日常生活においてもです。

今回は、脚を外側に動かす範囲を調べてみましたが、
いろんな部位を動かして調べてみると、
自分の身体について知ることができますよ。

歩くときに、頭の位置が動いたり、顔の向きが変わったりしないかどうかは、1度チェックしてみてほしいです。

普段は気にならないかもしれませんが、意識を向けてみると、以外と頭が揺れていることにびっくりするかもしれませんよ。

姿勢を理解する電子書籍と姿勢改善メールセミナーを無料で受け取れます。

僕は、どうすればもっと「楽」になるか、ずっと考えていますが、その中で「良い姿勢」でいるということは決して欠かせないものだと考えています。

なぜなら、姿勢とは365日24時間ずっと関わってくるものだからです。

つまり、もし姿勢が悪くて、一部に負担が多くかかることになれば、24時間365日負担がかかり続けることになるからです。

そうなれば、今すぐ何か起こらなかったとしても、時間が経ってから、時限爆弾が爆発するように、身体に重大な不具合を引き起こす可能性があるからです。

僕のお客さんで、最初に会ったときに僕が「このままだと将来左膝を痛めますよ」と話していたお客さんがいました。

その人は言われた当初はセールスのための脅しだと思っていたようですが、4年ほど経ったころ、本当に左膝を痛めることになってしまいました。

そこでようやく、姿勢の重要性に気づくことになるのです。

この人のように、多くの人は実際に「痛み」を受けなければ事の重大性に気づきません。

もし、早くから気づいて対処していれば、膝を痛めることもなかったかもしれません。

その対処というのが、「良い姿勢でいること」なのです。

良い姿勢を常に保つのはなんだかしんどそうで「楽」じゃないと思われるかもしれません。

でも、「楽」とは自ら作り出すものであり、何もせずにすませるというのは「楽」ではなく「堕楽(落)」です。

そして、良い姿勢は誰でも目指せるものです。

しかし、それは「良い姿勢」とは何かを理解していなければ目指せません。

姿勢改善のためにまず必要なのは「意識すること」でも「背筋を伸ばすこと」でも 「筋肉をつけること」でもありません。

最も必要なことは「姿勢を理解すること」です

そこで、僕は自分で姿勢改善できる人が少しでも増えるように、 姿勢を理解するための知識を電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、 メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れいれて 読みやすい内容になってますので、 もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」と姿勢改善メールセミナーを受け取る

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」も無料でお送りしています。

姿勢の重要性に気づいたら、さらに深く学んでもらうことができてます。

姿勢を理解して、ぜひより良い姿勢でいられるようになってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし、この記事が役に立った!と思われたら、 下にあるボタンからSNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す