身体の動きは、関節をまたいで骨と骨とを筋肉がつなぎ、筋肉が収縮することにより骨と骨とが近づくというふうな具合に起こります。

またいでいる関節を中心に動くので、てこ運動、つまり回転運動になります。

たとえば、立って気をつけの状態から肘を曲げていったとき、手首は肘を中心とする半円を描くのがわかると思います。アームカールのトレーニングの動きですね。

トレーニングでは、身体の回転運動に沿った、前述のアームカールのようなトレーニングもありますが、ベンチプレスのように、直線の動きによるトレーニングもあります。ベンチプレスの運動を肩関節の回転運動のままあげようとしてもうまくいきません。では、なぜベンチプレスはまっすぐあがるのでしょうか?

それは、普段はあまり意識していないでしょうが、ベンチプレスでは回転運動を直線の動きに変換するために、絶えず肘の角度や、手首の角度を絶妙に変えているのです。

逆にいえば、手首や肘の角度が固定されるような力が働いてしまうと、うまく角度が変えられず、結果、バーベルに力を伝えにくくなります。

胸で発生させた大きな力をロスを少なく伝えるためにも、肘周りや手首周りが適度に脱力し、柔軟に角度を変えられる状態であることが重要です。

逆に、懸垂は、直線運動にしてしまうと、腕の力が多く要求されるようになり、しんどくなってしまいます。懸垂の場合には、力の入りやすい角度で肘を固定し、肩周りの回転運動に合わせて身体を運んで、最後に肘を曲げて体をバーのほうへ引き寄せてあげると、背中の強い力を活かすことができます。

できるだけ、体幹に近くて大きな筋肉である胸や背中、腰、腹、臀部などが強く力が発揮できるようにトレーニングの動き方を考えてあげると、より大きな力を引き出すことができます。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket