身体の使い方・姿勢について

身体の異常検知システムは作動していますか?

あなたの身体の異常検知システムは作動してますか?

異常検知システムが作動していると、違和感があればすぐに気づけるし、すぐに対策をうつことがあります。

僕は、目指すべき身体の状態というのは、まさにこの異常をすぐに検知できる状態であると考えています。

姿勢もずっと良い姿勢でいることって不可能です。

姿勢が崩れたときにすぐに気付き、修正できることが大事です。

姿勢については足裏の感覚をとくに強調してお伝えしていますが、普段から身体の感覚に意識を向け、身体の感覚が敏感になってくると、筋肉に無駄な力が入っているというのもわかるようになってきます。

 

例えば、
「なんかいつもより腰が張っている気がするな」と違和感に感じることができたら、

ちょっと反り腰気味になってしまっているのかなと感じ、

少し太腿前の筋肉を伸ばしてみたり、

ふくらはぎを伸ばしてみたりして修正をすぐに試みることができます。

 

もちろん、寝起きとかだと身体が固まっているので仕方ないときもありますが、腰がいつもより張っているのは、大抵、姿勢が崩れている可能性が高いからです。

下半身を修正すれば、だいたい違和感は解消されます。

一方、検知できないと知らない内に大変なことになります。

びっくりするんですが、肩こりがひどい人って自分が肩こりだと自覚がない人が多いんです。

筋肉が固まりすぎると、感覚も鈍くなってくるからです。

なので、腕を万歳とかしない限り気づかないんですね。

意外と、腕は上げなくても普段の生活にも支障はないものです。

高いところのものをとろうとするときくらいのものじゃないでしょうか。

何も気づかないからもちろん対策をするわけもない。

そして、臨界点に達すると、痛みとして現れるようになってきます。

身体としては、以前からの悪い積み重ねの症状ですが、気づいていない本人からしてみたら「突然の出来事」です。

自分の身体を守れるのは、究極には自分しかいません。

感覚を完全に共有するということはできませんからね。

自分の感覚は自分だけのものです。

だからこそ、
普段から身体を動かすのと、身体の感覚に意識を傾けるのはして身体の異常検知システムを作動させていたほうが良いと思います。

感覚に対する感度を磨き、身体の異常検知システムを作動させましょう。

 

追伸

身体のことではないですが、異常検知システムの凄さを思い知らされる出来事が以前ありました。

それは、クレジットカードを不正利用されたことです。

といっても、僕自身が気づいたわけではありません。

カード会社のほうから「緊急のご連絡」という形でメールが飛んできて、間髪いれずに電話もかかってきてました。

メールには「不正利用」なんて文字が並んでいるので、小心者の僕はもうドッキドキです。

連絡によると、

どうやらカード会社では、第三者による不正利用が発生していないかモニタリングする不正利用検知システムが常に働いているそうです。

そして、このシステムに引っかかる利用があると、第三者の不正利用の可能性が高いということで、カードを一時停止し、本人に確認をとっているということです。

内容を聞いてみると、僕にはまったく身に覚えのない支払いだったのでした。

身に覚えがない旨を答えると、「5分後にまた連絡する」といって電話一旦終わりました。

そして、再び電話がかかてきて、カードを番号を変えて再発行することになりました。

不正利用された請求額は僕のところにこないそうなので一安心です。

このように、異常を検知できるシステムがあると、すぐに対策を打てるんですね。

「不正利用が怖いからクレジットカード使わない」という人もいますが、不正利用されること自体は100%防ぎようがありません。

ただ、クレジットカードが不正利用されたとしても、きちんと対処してもらえることがわかれば、安心じゃないですか?

 

カードであれば持ち主に確認する必要がありますが、身体の場合はシステム自体が本人なので、確認する必要がなく即座に対策をとることができます。

そう思うと身体って優秀ですよね。

本質的な姿勢改善をするなら考え方から見直しましょう

記事を読んでいただいてありがとうございます。

僕は【身体と心を「楽」にして人生をより快適する】
ということをテーマに情報発信しています。

姿勢は、生まれてから死ぬまで365日24時間
ずっと関わることになるものです。

なので、その積み重ねの影響力は大きいものです。

姿勢次第で自分の身体に枷をかけ
身体の動きを抑え込んでしまったり
身体を痛めてしまうことがあれば、

意識せず自分自身を抑え込んでいる
枷から自分を解放し

身体を軽やかに痛みなく
思い通りに動かせることになります。

身体と心はつながっていて
不可分な関係なので、

身体の調子が悪ければ
心も当然暗くふさぎ込んで
しまうことになるし、

調子が良ければ明るく
前向きになってきます。

つまり、姿勢を改善することは、
最も簡単で確実な自己改善法なのです。

しかし、姿勢について学ぶ機会はほぼなく、
「なんとなくこうだろう」という
常識で固められてしまっています。

そのため、姿勢を良くしようと
努力しているにもかかわらず

姿勢が一向に良くならないという
状態になってしまっていることを
よく聞きます。

根本から姿勢改善するためには、
この常識から抜け出さなくては
なりません。

姿勢改善に必要なのは
「背筋を伸ばすこと」でも
「胸を張ること」でも
「筋肉をつけること」でも
「意識すること」でも
ありません。

本当に必要なのは
「姿勢の本質を理解すること」です。

そこで、僕は根本的な姿勢改善できる人
が少しでも増えるように、

姿勢の本質から理解を深め改善する方法を
電子書籍にまとめました。

本来はAmazonで有料で販売しているものですが、
メルマガの中で今だけ無料で公開しています。

図を多く取り入れていて
読みやすい内容になってますので、
もし興味あれば読んでみてください。

電子書籍「足裏を気にかければ姿勢が良くなる」を受け取って読んでみる

メールアドレスを入力すれば
すぐに受け取れます。

また、メールマガジンに登録してもらった人には、
さらに30日間にわたる「姿勢改善メールセミナー」
も無料でお送りしています。

書籍と合わせて読んでもらうことで、
姿勢の常識から抜け出し、

姿勢の本質への理解を一気に
深めてもらうことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

電子書籍とメールセミナーを読んでみる

もし、この記事が役に立ったと思われたら、
下にあるボタンからSNS等でシェア
していただけるとすごく嬉しいです。

関連記事はこちら

コメントを残す