別の記事で、立位において、骨で立っている、足裏に体重を「乗せる」感覚とそれができているかのチェック方法についてお伝えしました→参考<【動画あり】鏡を見ないでできる簡単姿勢チェック~骨をうまく使って立てるか~

今回は、骨盤の状態と重心との関係性についてお伝えします。とくに、片脚立ちの状態ですね。

結論からいえば、この記事のタイトルにあるとおり、骨盤の向くほうに体重がかかるということなのですが、それだけ聞いても具体的にどういうことかイメージしづらいとおもいます。

そこで、写真を並べながら解説します。

まず、立位の状態

手の親指の位置が腰骨の位置になります。ざっくりここが骨盤の上端だと思ってください。

通常の立位なので、両手の親指は同じ高さにあります。

では、この状態から片足立ちをしてみましょう。左膝を挙げ、右脚で片脚立ちした状態ですね。

右脚の片脚立ちの場合、右脚に体重が乗ってくると安定します。写真を見てもらうとわかるのですが、両手の親指の位置は上下にずれ、左手の親指の位置は上がり、右手の親指の位置は下がっています。

これは、骨盤を右側に向けた状態です。前述したとおり、このようにすることで、右脚に体重が乗り、安定します。

逆に、左脚で片脚立ちをしてみましょう。

先程とは逆に、左手親指の位置は下がり、右手の親指の位置が上がっています。骨盤を左に傾けた状態ですね。

実際やってみるとわかってもらえますが、骨盤を傾けたほうの足裏がどっしりと床に吸い付くような、上から押さえつけられるような感覚が得られると思います。

では、なぜ骨盤を向けたほうに体重が乗っていくのでしょうか?

それは、身体の構造上の話になります。

骨盤は、背骨、脊椎を構成する土台となる部分です。

つまり、骨盤を向けたほうに背骨が伸びるのです。

背骨は体重の中で大きな割合を占める体幹を、上下に渡って支える柱部分です。

つまり、骨盤を向け、背骨が伸びたほうに重たい体幹があることになります。

よって、骨盤を向けた方に体重が乗ってくるのです。

それを確かめるために、今度は骨盤の前後に向けた状態をみてみましょう。

例えば、骨盤を前方に向ける動きがあるスクワット。

スクワットでは、深くしゃがもうとすればするほど、骨盤の位置は後方に移動します。これは身体の構造上仕方ないことです。骨盤が立位のときと同じ位置にあるままだと、膝を少し曲げる程度しかしゃがめません。

深くしゃがめばしゃがむほど、骨盤の位置が後方に移動するということは、体重が後方に乗りやすくなるということです。

しかし、それでは後ろにひっくり返ってしまいます。

それを防ぐため、深くしゃがめばしゃがむほど、骨盤は前方に傾いていきます。

骨盤の後方移動と前へ向くのとで、バランスをとっているんですね。

スクワットでよくあるまずい例として、骨盤が後傾してしまっている、腰が丸くなってしまっていることが挙げられます。

この場合、骨盤が後方を向いているので、体重はかかとに強く乗り出し、深くしゃがむほど、後ろにひっくり返りそうになります。

次に、骨盤を後方に傾ける例、よく体操で見かける後屈を見てましょう。

写真を見るとわかりますが、骨盤の位置がスクワットとは逆で、前方に移動しているのがわかるとおもいます。

そして、写真だとわかりにくいかもしれませんが、骨盤が後方に向こうとしています。骨盤が後方にしっかり向いていないのは、僕の柔軟性の問題と、そもそも骨盤は大きく後傾するものではないと言い訳しておきます。

後屈の場合の骨盤後傾は、膝を曲げて骨盤を後方に向けたほうが楽なので、身体を後ろに反らすことだけを考えて後屈した場合、自然と膝が曲がってきます。

特に、身体の固い人が後屈しようとすると、自然と膝が曲がってくるでしょう。

以上のように、骨盤の向きと体重のかかりかたには大きな関係があります。

トレーニングや日常生活で身体が安定しないという人は、ぜひ骨盤を気にしてみてください。

身体の安定を知る上で、姿勢について知るのもおすすめです→関連記事<姿勢とは何か、答えられますか?



出張パーソナルセッション

大阪府にて、楽に身体を動かせるようになるための出張パーソナルセッションも承ってます!ジムには通えないという人でも、人ひとりが寝られるスペースがあれば運動できます。トレーニングに必要な道具や整体ベッドは持参します。動きたくないという人には、整体のみのコースもご用意しています。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket