長趾伸筋(Extensor digitorum longus)

起始

脛骨の外側顆、腓骨頭、腓骨前縁、下腿骨間膜

停止

4本の腱に分かれ、第2~5趾の趾背腱膜、第2~5趾の末節骨底

作用

・距腿関節:背屈
・距骨下方の関節(距踵関節+距踵舟関節):外反(回内)→足底前部を外側に向けること
・第2~5趾の中足趾節(MTP)関節、近位趾節間(PIP)関節、遠位趾節間(DIP)関節:伸展

神経支配

深腓骨神経(L4~S1)

コメント

前脛骨筋などとともに、距腿関節の背屈に作用します。前脛骨筋の背屈作用が弱くなると、この筋肉が背屈に大きく動員されるようになっていき、足の縦アーチを奪い、つちふまずをつぶしてしまう可能性があります。そうならないためには、ふくらはぎのストレッチをよく行い、足指をグーにする練習をよくするようにしてあげるといいでしょう。背屈でここが大きく動員されている人は結構多いです。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢は良くなる

姿勢とは何なのか?どうすれば良い姿勢だといえるのか?もちろん見た目も重要ですが、見た目以上に重要なものがあります。ぜひ読んで確かめてみてください。詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket