以前に書いた記事で、発達した臀筋は人間の尊重であることをお伝えしました。

少し補足しておきますと、二本脚で歩く動物はいないとしていましたが、ペンギンをはじめとした鳥類、カンガルーなどは二本脚で歩きます。

ただ、これらの動物の脚は人間でいうと、膝を曲げた状態で脚が短くなっており、力がなくてもバランスがとれる状態です。

なので、人間と同様の二本脚とみるわけにはいきません。

人間のように、脚が伸びた状態で二本脚で生活する動物が他にはいないのです。

この伸びた脚で立つために、他の動物に比べて、臀筋の強さが身体の全筋肉の中で占める度合いが大きいのです。

もし、この臀筋が弱くなってしまうと、実は腰痛の懸念があるのです。

それはどういうことかということが、今回の本題の「立つとは反らすこと」なのです。

というのは、二本足で立つということは、身体を反らしているともいえるからです。

余計にわかりにくくなりました?

では下の図を見てください。

図はイメージです。

ただ、ヒト以外の哺乳類がほとんど四足での活動を日常としていることを考えると、元々のヒトの祖先も四足での活動が日常だったと思われます。

そこから、二足がメインになるに従って、徐々に身体が起きてきているのがわかると思います。

猫背になっている背中を平たい背中にするのを「反らす」と呼ぶように、四足で立って丸まった状態から二足直立の状態になるのも、身体を「反らす」ことだといえます。

この身体を「反らす」働きをしているのは、主に身体の背面にある筋肉群です。

ふくらはぎ、太もも裏、臀部、腰、背中、首の後ろといった筋肉群が身体を「反らし」直立二足を維持しているのです。

腰痛になりやすい人というのは、この直立二足を維持する筋肉群のうち、腰部の負担が大きいのです。

腰部の筋肉は、大きく見れば背骨全体を支える縦に長い筋肉群であることから、その分負担を引き受けやすいのです。

また、下半身が両脚という2本の柱があるのに対し、腰部が背骨という1本の柱で支え出す底に近い部分(背骨の底は骨盤になりますが、骨盤は大きい上に、両脚の柱の上に載っているので比較的安定した存在です)なので、その不安定さからも、腰部の筋肉は負担がかかりやすいのです。

直立二足を維持するのに必要な背面の筋肉の力が100だとすれば、この100をどう分担するかというのが、身体の使い方で重要な考え方です。
腰部の負担を分散できないことが、腰痛の大きな原因のひとつなのです。

もし、直立二足を維持するのにかかる負担を、大きな力を発揮できる臀筋がもっと受け持てば、腰部の負担は減ります。

そして、直立二足を維持する力の負担を分散するために、ヒトの臀筋は他の哺乳類には見られない特徴として大きく発達することになったのです。
以上から、臀筋が弱い人は腰痛になりやすいのです。

「立つことは反らす」というとらえ方は、トレーニングにも応用できます。

例えを挙げるなら、デッドリフトはまさに「反らす(立ち上がる)」トレーニングです。

デッドリフトについて語られるときは、常にといっていいほど、腰への負担の大きさが伝えられます。

デッドリフトで腰を壊し、デッドリフトをやめてしまった人も多いでしょう。

これは、デッドリフトで腰に負担をかけるやり方で身体を反らしてしまっているから起こります。

デッドリフトを考える際は、「どうすれば臀筋を動員できるのか?」というところから出発すると、大けがを避けることができるでしょう。



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket