「お尻の小さな女の子~」という歌詞の歌が流行った時期もあったそうですが、実は、このお尻の大きさは「ヒト」を特徴づける、他の動物との大きな違いをあらわすものなのです。

人間と他の動物との大きな違いとして二足歩行が挙げられますよね。この二足歩行を可能にしているのは、発達した臀筋(お尻の筋肉)のおかげなのです。他の動物で、人間ほど身体に対して臀筋が発達しているものはいないでしょう。

だからこそ、発達した尻の筋肉は人間の象徴であるといえるのです。

ちなみに、馬のお尻に見える筋肉は、実はハムストリングス(人間でいう太腿裏の筋肉)になるそうです。

そして、殿筋が主に関係してくる関節としてあげられるのが股関節です。

股関節は、球関節に分類され、非常に動きやすい関節です。逆にいうと、安定性が悪いともいえます。

さらに、人間は前述したように二足歩行ですが、この世の中に二本足のものが他にあるでしょうか?僕が思いつくのは、はしごくらいなものですが、このはしごでも壁に立てかけて使わなければなりません。二本足で立つ、歩くということは、それだけ不安定なのです。

そんな股関節と二足歩行という超不安定な部分を支えるのが臀筋なのです。

ただ、多くの人がこの臀筋をうまく使えていません。特に、女性に多いのですが、ふくらはぎや太ももの前に力が入ってしまって、臀筋がお休みしてしまっている人がいます。そんな人は、ふくらはぎのむくみや太ももの太さで悩まれている人が多いです。お尻の小さな女の子はかわいいのかもしれませんが、問題も多いのです。

自分が臀筋を使えてるか知るためには、まず、普段歩いた時にどこが疲れるか気にしてあげてください。ふくらはぎがしんどいようなら、臀筋を使っていない可能性が高いです。

そんな人は、ぜひ、スクワットに挑戦してみてください。僕のお伝えしている方法であれば、臀筋に力が入りやすいですよ。

スクワットに関しては以下をご参考ください。
安全で力を発揮しやすいスクワットを考える上で重要なこと
効率的に力を伝えられるスクワットを行う上で気を付けるべきポイント
補足記事
「立つとは反らす」ことである



【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~

歩くという動作は、日常生活を営む上で、避けて通れない基本的な動作になります。日々繰り返されるからこそ、わずかなことが、時間とともに、様々な身体のトラブルを生じさせます。ぜひ本書を読んで歩き方を見直してみませんか?詳細は画像をクリック!

LINEで送る
Pocket